« 山は墓標たりうるのか | トップページ | 500歳のブナ永眠 »

冬の使者

大被害をもたらした昨夜の荒天。
会社で残業しながら、ああ、山は雪かなあ・・・と思っていた。

翌朝、出勤途上に見える葉山、蔵王の前衛峰・龍山はうっすら雪化粧。
我々東北の人間は「冬タイヤに変えなくちゃ・・・」と考える時季である。

月山、朝日岳などで初冠雪~それぞれ平年より遅く by 山形新聞11/8

先日の3日からの連休に朝日に入山していたパーティーがあったようだが、無雪期としては最後のパーティーだろう。
月山は一日中、厚い雲に覆われ、見えているのは白い山裾だけだった。
会社での私は窓際族なので、前方の窓からは月山・葉山、後方の窓からは蔵王連峰が一望できる。
さて、今冬はどんな美しい光景に出会えるのでしょうか。

|

« 山は墓標たりうるのか | トップページ | 500歳のブナ永眠 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

窓際族は、冬の使者を特等席で眺める事が出来るようですね。窓際からのお写真でも見たいものです。

投稿: pfaelzerwein | 2006.11.10 04:54

re:pfaelzerwein様
 初冠雪の翌日が温暖な日で、山はまた黒い姿に戻ってしまいました。
 ここしばらくは雨天でどっちの山も厚い雲に覆われたままです。
 カラッと晴れた空で白い山を望むには、もう少し時間がかかるようです。

投稿: 聖母峰 | 2006.11.11 17:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12606653

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の使者:

« 山は墓標たりうるのか | トップページ | 500歳のブナ永眠 »