« Carly Simon - Let The River Run | トップページ | 素敵な結婚式に出る »

黄金のピッケル賞アジア・アワードに日本の横山・一村組ノミネート

東京で4日間の講習。
最終日のレポート作成と認定試験を終えた後の私の表情↓

B0002ynd6w09 放 心 状 態

予定の新幹線発車まで、八重洲ブックセンターで時間をつぶす。
仕方なく暇潰しにヤマケイと岳人に目をとおす。
はて。
この話題が載っていないのだが、私の見落としか、それとも日本の登山界では認知されていないのだろうか。
日本の横山・一村パーティーによるアラスカのブロークン・トゥース登攀が、黄金のピッケル賞アジア版にノミネートされているんですが。
この情報、なぜか私はロシアの山岳サイトで知りました。
以下、ロシアのmountain.ruより引用

The first Festival " Piolet d'Or Asia " runs in Seoul (South Korea) on November 8-11.
Nominees:
1. Urubko-Samoilov, Manaslu, new route in Alpine style.
2. Gu Eun-su, 36, and Yu Sang-beom, 29, (South Korea) Talay Sagar, 6904 m (Indian Himalayas). North ridge.
3. Katsutaka Yokoyama and Fumitaka Ichimura (Japan), new route " Before the dawn" (V 5.9 M6 AI4+), openned on Broken Tooth North Face, Alaska, in April 2006: a 23-pitch mixed route of average complexity may become "classic"
At the festival Denis Urubko and Sergey Samoilov are going to show their film " 5 dreams of Manaslu" with subtitles in English.
以上引用おわり

アルパインやっている方には、その年の優れた登攀に贈られる「黄金のピッケル賞」の存在をご存じだと思いますが、今年はそのアジア・アワードが韓国人の手によって設けられました。
そのいきさつは韓国の中央日報が報じています。以下引用開始

山岳のオスカー賞 アジア版作られる by中央日報

イタリア同胞林徳用さん
山岳のオスカーと呼ばれる「黄金ピッケル賞」過去15年間、アジア人の受賞者を一人も出さない位に排他的な賞である。フランス高山登山協会と登山雑誌モンターニュが毎年世界一番優れたクライマーに授与する。
ある海外同胞山岳人が刻苦の努力の結果、このアジア版を制定した。当事者はイタリア海外同胞である林徳用(50歳、登山用品製造業スネーク代表)さん。
韓国人で最初にアイガー北壁を登った林さんは、昨年 2月アジア人初めて黄金のピッケル賞審査委員に招聘されたが、この排他性を実感して、アジアの登山家に与える別途の賞を作ることを決心した。
彼は「アジアは勿論、韓国でこの受賞者が出ない理由がなかった」と言う。
林さんは国内山岳人たちと賞制定推進計画を緻密に立てた。そして主催者側に黄金のピッケル賞アジアアワード制定を申し立てたが断られた。
しかし絶えず申請を行い、黄金ピッケル賞アジアアワードの承認を受けたことは勿論、受賞者は次回の黄金ピッケル賞本賞候補として推薦される約束を受けた。
アジアアワードの初授賞式は 10日ソウルホテルで開かれた。第1回受賞の栄光は今年マナスル(8163m)をアルパインスタイルで登ったカザフスタンのデニス・ウルブコとセルゲイ・ミチロプに輝いた。林さんはデザイン勉強のために1986年イタリアに留学してから現地に事業家として定住している。
キム・ソンファン フライデー記者
以上引用おわり

もちろんクライマーの皆さんは賞のために登っているわけではなく、登攀の成果を評価・ランク付けすることに抵抗を感じる向きもあるかもしれません。
しかし、素晴らしい業績に光を当てるという賞の意味合いも、取り上げられるべきだと思います。
このような賞設立の動きが、アジアで登山先進国と目される日本ではなく、韓国の岳人が進め実現したという事実も、アルパインの衰退を嘆いてばかりで実質何もしていない日本の偉いセンセイ方も、よく考えるべきでしょう。

|

« Carly Simon - Let The River Run | トップページ | 素敵な結婚式に出る »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のピッケル賞アジア・アワードに日本の横山・一村組ノミネート:

« Carly Simon - Let The River Run | トップページ | 素敵な結婚式に出る »