« 冬季ローツェ南壁の初登攀は「断念」だろ、と言いたげな朝日新聞社 | トップページ | 肘折(ひじおり)にて、スノーシュー下見 »

登山靴バスクICE9000試し履き

年末の挨拶にマウンテンゴリラに立ち寄る。
店長の誉田氏より唐突に「足のサイズなんぼだ?」
と、サンプル品を試し履きさせていただいたのがバスク社のICE9000。
Climbing誌の「editor's choice」の札が付いていたのでちょっとワクワク。

Vasqu35836_lg

お店にあったサンプル品は画像と同じ、赤いボディに透明の樹脂が覆っているタイプ。
私は薄手の軍足を履いた状態で足を入れてみたが・・・
長さはちょうどいいが、甲の部分が締め付けられる感じ。
私は人よりも足幅が広いのだが、それでも足の細身の方向きの靴と思う。
しばらく手にとってみたが、今秋東京のニッピンで試し履きさせていただいたスポルティバのEVOといい、従来の皮革ともプラスチックとも異なるナイロンと樹脂の組み合わせの靴が主流になっていくのでしょうか。
このICE9000、Climbing誌のeditor's choiceの札が付いていたとはいえ、下記のサイトで賛否両論のようです。
あーすみません、十分に読解する英語力ありませんので興味ある方熟読下さい。

Mountaineering Boots Review: Vasque Ice 9000 by GetOutdoors

Ice9000Review by alpinistmountainstandards.blog

登山用品店でこのようにサンプル品を試し履きさせていただけるという機会、特に山形のような地方都市に住んでいる者にとっては大変有り難いものと感謝しています。
さて、ネットで検索して気になるのはこのバスクICE9000、ヤフーオークションに幾つか出品されているようです。
そもそも通信販売で登山靴を購入すること自体に私は疑問なのですが、足幅が細いと自信のある方は別として、購入を希望される方は実際にお店で試し履きすることが肝要と思います。

現実にはネットで靴を通販しているお店は沢山あるのですが、実際にお店の方とコミニュケーションを取りながら靴を選択することが基本ではないでしょうか。
最近、ネットの掲示板などでも安易な相談が見受けられますが、多少の交通費をかけても、やはり多種多様な製品を扱い様々な足型のお客を相手にしているプロの方に相談することが最良の選択への近道と思います。

|

« 冬季ローツェ南壁の初登攀は「断念」だろ、と言いたげな朝日新聞社 | トップページ | 肘折(ひじおり)にて、スノーシュー下見 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/13271829

この記事へのトラックバック一覧です: 登山靴バスクICE9000試し履き:

» グッチ(GUCCI) [グッチ(GUCCI)の魅力・グッチのことなら!]
グッチ・ブランドの魅力・豆知識、グッチ製品のご紹介などグッチ・ファンのための グッチ(GUCCI)専門サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007.01.04 11:47

« 冬季ローツェ南壁の初登攀は「断念」だろ、と言いたげな朝日新聞社 | トップページ | 肘折(ひじおり)にて、スノーシュー下見 »