« 共産主義者はコーラが嫌い? | トップページ | 行方不明の米人クライマーの遺体発見 »

冬季ローツェ南壁 韓国隊、撤退決定

日本山岳会東海支部サイトによれば、27日が最終アタック日となっています。
ここまで協力してルートを進めてきた韓国隊がついに退却を決定したようです。

ローツェ南壁遠征隊, 気象悪化で登頂失敗 by 連合ニュース12/25
以下記事引用

 韓国遠征隊が世界最高難易度の巨壁であるヒマラヤ・ローツェ南壁(8516m)登頂に惜しくも失敗した。
25日、 2006韓国ローツェ南壁遠征隊によれば、アン・ヤング(29) 隊員は前日午前、海抜 8千mにあるキャンプ3で単独アタックに出たが 14時間ぶりに海抜 8200m 地点で酷寒と強風, 落石などで登頂をあきらめて下山中だ。
 キャンプ3は強風が吹きローツェ南壁の気象がますます悪化、頂上まで 300m 残し撤収するしかなかったと遠征隊は伝えた。
 特に 8千m 地点から 80〜90度の急傾斜面を固定ロープを利用して 200m横切る区間は、1989年ヒマラヤ 8千m級 14座登頂者であるポーランドのククチカが墜落して死ぬなど一番危ないルートである。
 登頂には失敗したが、韓国遠征隊として 2004年イ・サンス隊長の 7550mの到達記録を越して南壁で一番高い地点まで上がった。
 (中略)
 李忠直隊長は「たとえ頂上には上がることができなかったが少数の隊員と物資不足など劣悪な環境で最善をつくした成功的な登山だと思う」「世界で 2番目に高い地点まで上がったし来年秋や冬にもう一度ローツェ南壁に挑戦する」と言った。
 以上引用おわり

 日本隊と協力しながら、残念な結果に終わった韓国隊、隊員の無事下山をお祈り致します。
 引き続き田辺隊長率いるアタック隊の無事成功もお祈り致します。

|

« 共産主義者はコーラが嫌い? | トップページ | 行方不明の米人クライマーの遺体発見 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬季ローツェ南壁 韓国隊、撤退決定:

« 共産主義者はコーラが嫌い? | トップページ | 行方不明の米人クライマーの遺体発見 »