« 新月の木 トンデモか自然の神秘か? | トップページ | 最上小国川ダム 採択見送り »

冬季ローツェ南壁 日・韓隊、頂上アタックへ

日本と韓国の登山隊が同時入山している冬季ローツェ南壁隊も大詰めのようです。

[海外]ローツェ20日すぎアタック 最終キャンプ到達 by 岳人ニュース12/19
記事引用開始  
 同隊は現在、隊を二班に分けて、登山活動を行っており、十八日午後、田辺治隊長(45)班が最終キャンプ地点に到達した。また同日、一次アタック隊となる千田敦司副隊長(32)班が五千二百メートルのベースキャンプを出発。二十日すぎには最終キャンプに到達する見込みで、その後、頂上に向けて、アタックを開始する。
記事引用おわり

日本隊の同行はJAC東海支部サイトで逐一報告されています。
によれば、以下引用開始

<ローツェ隊竹中隊員より報告>
 B(千田)隊は、現在C3で、アタック開始を21日にするか,22日にするか。今まさに悩んでいる真っ最
中です。A隊は、BCに帰還途中。韓国隊(アン、カン、シェルパ1名)は、千田隊に合流すべく、上山中。アタック開始に間に合うかどうか?以上 竹中
以上引用おわり

とのことで、21、22日がキーポイントのようです。

韓国隊の同行は、韓国ローツェ隊のウェブサイトが運営されています。(要ハングルフォント)
これによれば、記事掲載の日付が無いのですが頂上アタックプランとして
以下記事引用

 ローツェ登山隊に声援くださるすべての方々に感謝申し上げます。
 ローツェ南壁を登山中の韓国山岳財団遠征チームの頂上アタックが12月 24日に予定されています。
 現在ソン・ナック・ゾン隊員が 8,000mC3まで進出しルート開拓後、BCに下りた状態です。.
 登頂アタックのため、 12月 18日隊員がBC出発、21日C3に到着予定です。
 22日C3からは約 300余mの固定ロープを開拓して、23日休息後 24日から頂上アタックを試みる予定です。もちろん天気の状況と隊員たちのコンディションにしたがい日程が変更になります。
 ローツェ南壁の気象は一般的にクリスマス前後に天気が徐徐に悪くなって来た例があり、私どもは注意しています。私どもは結果も重要ですが、最善をつくす過程を重視する姿勢で、多くの方々に挨拶申し上げます。
 以上引用おわり
 
韓国隊サイトの頂上アタックプランでは24日アタックとなっておりますが、実際にはJAC東海支部サイトに報告があるとおり、21か22日頃、日本・韓国の合同アタックの可能性が大きくなっているようです。

以前にJAC隊田辺隊長の動向を当ブログで取り上げたところ、東海地方の方からアクセス急増し、多数の方々がローツェ隊に注目されていることを感じます。
日本・韓国両隊の無事成功と安全をお祈り致します。

|

« 新月の木 トンデモか自然の神秘か? | トップページ | 最上小国川ダム 採択見送り »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/13133760

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季ローツェ南壁 日・韓隊、頂上アタックへ:

« 新月の木 トンデモか自然の神秘か? | トップページ | 最上小国川ダム 採択見送り »