« Piolet d'Or からGHMが撤退 | トップページ | 地方発のヒマラヤ登山隊にエールを。 »

北京政府の犬HK放送、青海チベット鉄道を放映

北京政府のご機嫌伺い、皆様の視聴料を中国政府にバラまいて素敵な番組を作る犬HKが放映した青海チベット鉄道のドキュメンタリー番組を視る。
地盤調査に携わっていた私としては、凍土に鉄道敷設する技術の話題が興味深いものでしたが・・・
なんだよ。
こんな話題があったのはスルーですかい。

開通したばかりの「青蔵鉄道」で地盤沈下 by 毎日新聞06年7月28日(既にリンク切)
 7月1日に開通したばかりの中国青海省とチベット自治区を結ぶ「青蔵鉄道」で、線路の地盤沈下などの問題が起きている。中国の華僑向け通信社、中国新聞社が28日までに伝えた。
 鉄道省の報道官は、開通後の青蔵鉄道の運行状況は良好だと強調したが、一部の橋などの表面に亀裂が出たことや、砂嵐による被害なども指摘。ヤクが線路上に現れ、衝突の危険があるといったチベット特有の問題も説明した。(北京・共同)
上記記事はブログ・チベット式様より引用

やっぱり北京政府のHKと呼ぶにふさわしい称賛一筋の内容でしたね。
会社辞めて旅に出た台湾女性とラサ巡礼の一家の姿には感銘を受けましたが。
ま、満州鉄道は汚い侵略鉄道、チベット鉄道は綺麗な解放鉄道。
2007年、犬HKにはもっと楽しませていただきませう。
Ent0612310011

|

« Piolet d'Or からGHMが撤退 | トップページ | 地方発のヒマラヤ登山隊にエールを。 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/13311933

この記事へのトラックバック一覧です: 北京政府の犬HK放送、青海チベット鉄道を放映:

» 青海チベット鉄道 [50代オヤジの独言]
サブタイトル「世界の屋根2000キロを行く」。NJ2型の機関車が、チベットのラサまで26時間半かけて高地を走り抜ける鉄道の旅を丁寧にカメラに収めた労作だった。まずは崑崙山脈越え。凍土を保つために冷却装置がついたトンネルを作った。それまでの道のりは「熱棒」と説明し... [続きを読む]

受信: 2007.01.03 11:16

« Piolet d'Or からGHMが撤退 | トップページ | 地方発のヒマラヤ登山隊にエールを。 »