« アウトドア好き新米ママさんにエールを。 | トップページ | 北京五輪の聖火をチョモランマに登らせる必要はあるのか? »

ブラックヤク社長一代記

韓国のアウトドアブランド、ブラックヤク。
その名前がとても印象的ですが、最近日本で開催された国際的な子供キャンプ大会で、使用されているテントがブラックヤク製だったので、メーカーの勢いを実感したものです。
で、創業者の逸話が中央日報の『パワー!中堅企業』(好きです、こういうアクの強いタイトル)に掲載されてました。以下全文引用開始

ヒマラヤで `馬鹿力経営` 学んだ by 中央日報1/2

1日夜明け、江原道五台山頂上。
「ブラックヤク」ブランドで登山ウェア・用品を作るトンジンレジャー幹部30余名は 'ファイティング'(訳注・韓国語で頑張れ・激励の意)を叫んで新年を迎えた。

姜太線(58) 社長は「いい天気ではなくて日の出は見られないが、各々の心に希望の日の出をみた」と言う。
これらは御来光を見ようと夜間登山をしたものである。この会社は7年目、こんな風に新年初日を迎えている。姜社長は機会ある度に山に登る。顧客が願うのが何か、最近流行るのが何かを把握するためだ。

姜社長は 73年、ソウル鐘路5街に 「トンジン山岳」という登山用品店を開いた。24歳の時だ。しかし彼の事業は山登り同様、起伏が激しかった。
初めは東大門市場で他の商売をしながら軍用リュックサック、軍服、作業服などが登山用に売れることを知り、登山用品関連事業をしてみることを決意した。軍用リュックサックと外国製リュックサックを真似して、独自にリュックサックを作ってバーナー、コッヘルなどと共に売った。
商売はどうにかこうにかなったが利益はぱっとしなかった。帳簿を見たら代金を踏み倒される場合が多かった。
結局、 75年に不渡りを出した。「その年結婚したが、借家の保証金まで捻出した。新婚生活を安宿でしなければならなかった」と振り返る。
このまま座りこむことはできないと覚悟を決めた彼は翌年「プロジャイアント」というブランドを創立した。しかし 79年、朴正煕大統領弑害事件が起こると、登山の客足はぱったりと途切れた。登山用品が売れるわけがなかった。関連業社2社の閉業にも堪え、81年、外出禁止令解除措置で夜間山行が可能になり、品物が売れ出した。姜社長は「登山靴でもリュックサックでも、取り揃えれば無条件に売れた」と当時の状況を説明する。

Htm_2007010219460550005010003トンジンレジャー社長・姜太線氏

ソウルに社屋を建てるなど順風満帆に見えた。
しかし 91年、青天の霹靂のような措置がとられた。政府が自然保護を理由に山岳地の野営・炊事を禁止したのだ。
最悪の状況だった。彼は 93年、忽然とヒマラヤ遠征に出発した。事業をまともにするために、自分との戦いに勝たなければならないという考えだった。ずいぶん前から知り合いだったオム・ホンギル(訳注・韓国の8000m峰14座登頂者の一人)と隊を結成した。
8000m峰登山は初めてだったが、悪戦苦闘のあげく登頂に成功して帰って来た彼は突破口を見出した。登山用品の代わりにウェアで勝負をかける事にしたのだ。
ヒマラヤ登山の時初めて見たヤク(牛に似ている動物で角がある)を思い浮かべ、ブランドは「ブラックヤク」と決めた。翌年、機能性纎維ゴアテックスを開発したアメリカのゴアテックス社を説得、国内販売及び生産ライセンスを取った。彼の判断は的中した。

登山ウェアが快適だという噂が広がりながら、登山ウェア市場は一日毎に見違えるように大きくなった。2000年は100億ウォン台にとどまったトンジンレジャーの売上げも、昨年 800億ウォン台に駆け上がった。トンジンレジャー製品の大部分は国内で生産される。中国には一部製品だけ注文生産している。
姜社長は「登山ウェアはもうデザインと素材で勝負をしなければならない時」と強調する。まだ中国産は品質が国産より落ちるが、 3~4年後には追いあげてくるはずだということが彼の予想だ。トンジンレジャーは 2005年、業界では初めて 17人の社員で編成する企業研究所を設立した。姜社長は「売上げの 10% 以上を研究開発に投資して、最高の品質を維持して行く」と語る。
以上引用おわり

あの朴正煕大統領射殺事件が登山用品メーカーや登山動向に影響を及ぼしていたとは・・・
冷静に考えてみれば政情安定してこそのレジャー産業、隠れた逸話ですなあ。

|

« アウトドア好き新米ママさんにエールを。 | トップページ | 北京五輪の聖火をチョモランマに登らせる必要はあるのか? »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

ブラックヤク アウトドアー用品 ホームページアドレスを教えてもらえますか?

投稿: よしみひでき | 2008.08.26 11:43

よしみ様はじめまして。
ブラックヤク製品はトンジンレジャーのブランドということで、トンジンレジャーのURLを紹介致します。次の通りです。

http://www.dongjinl.co.kr/

ブラックヤク製品を手っ取り早く見てみるには、オンラインショップのウエブが良いかもしれません。

http://shop.blackyak.co.kr/

以上、ご参照ください。

投稿: 聖母峰 | 2008.08.26 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/13327140

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックヤク社長一代記:

« アウトドア好き新米ママさんにエールを。 | トップページ | 北京五輪の聖火をチョモランマに登らせる必要はあるのか? »