« 北京政府の犬HK放送、青海チベット鉄道を放映 | トップページ | アウトドア好き新米ママさんにエールを。 »

地方発のヒマラヤ登山隊にエールを。

大晦日深夜に届く分厚い新聞元旦号。
山形新聞にデカデカと2頁見開きで掲載ですよ。

県山岳連盟、ヤラシャンポ再挑戦 by 山形新聞第4元旦号(ネット上ソース無し)
なお、山形県山岳連盟ヤラシャンポ登山隊の経緯と詳細は連盟ウェブサイトを参照下さい。
そしてもう一つは、徳島県発。

県内登山家、全員登頂へ訓練続く 世界7位ダウラギリI峰挑戦 by 徳島新聞1/1

山形県の登山史を振り返ると、山形県発の遠征登山隊は圧倒的に未踏峰を狙う登山隊が多いのが特徴といえます。
一方の徳島ダウラギリ隊は昨年のツクチェピーク遠征をステップにダウラギリ登山を企画したもの。

いずれも池田常道氏の歯牙にも引っかからないであろう、オーソドックスな戦術を採る登山ではあります。
以前に東北から出発したマナスル登山隊のウェブサイト掲示板に「今更フィックス、酸素吸って・・」と匿名で書き込んだタマ無しウスラバカがいましたが。
再三、当ブログでは主張していますが、東京や大阪あたりの自営業崩れの登山家やプータロークライマーと大きく違いまして、地方在住の人間が務め先や家族・親族の理解を得て(または無視して)遠征に出かけるというのは人生の一大決心な訳ですよ。
この姿に拍手を送らずにはいられませんがね、私の場合。

で、山形新聞。
記事の見出しにでっかく
『「聖山に日の丸」誓う』
ですよ。
日の丸ですよ~いいよ~いいよ~山形新聞。
まるでマナスル初登頂時代のようなキッチュな見出しが。
共産・社民の頭の中が七月の飯豊連峰並にお花畑な皆さん、日の丸だからって怒らないでね。

|

« 北京政府の犬HK放送、青海チベット鉄道を放映 | トップページ | アウトドア好き新米ママさんにエールを。 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方発のヒマラヤ登山隊にエールを。:

« 北京政府の犬HK放送、青海チベット鉄道を放映 | トップページ | アウトドア好き新米ママさんにエールを。 »