« 雷 | トップページ | 禁断症状 »

幸せって何だろうね。

9日から一泊二日で、某県にて水質分析試料採取のため出張。
ネットのLAN設備も無いビジネスホテルで夜を過ごす。
出張先では、自宅で見られない衛星放送で海外の話題をチェックするのがささやかな楽しみ。
いやあ、ぶったまげたよNHKクローズアップ現代。
『苦悩する石油大国~サウジアラビア最新報告~』と題して、サウジアラビアの内情リポートなのだが・・・
オイルマネーの恩恵で国民は無税、教育費タダ、最近は住宅無償提供など、日本では夢のような話。(あ、なんか共産党のバカ共が夢見ているような暮らしみたいですね)
その結果、若者達が働かなくなったという、教訓めいた童話を具現化したような問題が起きているという話題。

Ara働かなくても生活できるもーん、と遊んでいるサウジの若者

親の世代もオイルマネーの恩恵にどっぷり浸かって人生を送ってきたため、「低賃金で働かせるくらいなら小遣い与えて遊ばせていたほうがよい」と平然とのたまっているそうだ。

その後、BSドキュメンタリーでシベリア・ネネツ族の番組を視る。
ネネツ族はトナカイの放牧で生計を立てる。
夏のシベリアは蚊や蝿が多くとても人間が住めないため、800km北の北極海めざして何百頭ものトナカイと共に半年かけて移動する。そして半年かけて戻ってくる。
すなわち、生涯が移動の連続というわけである。
親類・家族の集団を率いるリーダーは、先祖から伝わる知恵と技量を発揮して皆を導く。
取材対象の中心であるサーシャ(男性)の一言が印象に残った。
「私はとても立派なリーダーにはなれません。良き部下でありたいと思っています。」
・・・なんか会社員人生に響く言葉である。

彼らの唯一の現金収入は、東アジアで強壮剤に使われるトナカイの角。
角kgあたり2ドルで売買しているという。どうみても仲買人にぼったくられているのだが。
サーシャ達は意に介さない。
どうしてこんなものが売れるのかわからない、という。
自分達の文化を切り売りしているようで、できれば売りたくない、ともいう。

遊びほうけているサウジの若者と、生涯を過酷な移動の連続で過ごすネネツ族。
ネネツ族にも、村に定住し経済化の波に乗る人生は開かれている。
旧ソ連時代から定住を拒否してきたネネツ族のサーシャが語る、
「自然の厳しさを乗り越えるよりも、大事なのは人間自身、自然の一部になること」

過酷な自然環境はサウジもシベリアも同じであるが、比較するにはあまりに極端すぎる二つの暮らし。
どちらが良い悪いというよりも、ネネツ族の暮らしに「足るを知る」という仏教の教えを見た夜でした。

|

« 雷 | トップページ | 禁断症状 »

日常」カテゴリの記事

コメント


しあわせーって何だっけなんだっけ?
ポン酢醤油はキッコーマン♪

おんちなさんまさんですが
へろへろっといい具合に力が抜ける
この歌私は好きです。

『シアワセは自分の心のうちにある』
これ私の信条でもあります。
ものは考えよう。
都合よくちゃっかりシアワセ気分でいたほうがいいや
っていうお気楽な発想ですな。汗

投稿: POP | 2007.01.11 00:58

NHKのクローズアップ現代ではサウジの若者にだいぶ批判的でしたが、まあ人間生まれ育つ環境は自分で選べるものではないワケでして。
 毎日ひたすら砂漠で遊ぶ若者も、生涯テント生活を送る遊牧民も、日々の生活に満足している様子に、pop様御指摘の通り「幸せは自分の心のうちに・・・」
 本文にも書きましたが、あまりに対照的なので「良い悪い」ではなく、それぞれの人生を生きているんだなあ・・・という想いが強かったです。

投稿: 聖母峰 | 2007.01.11 17:50

毎日テント生活なら登山にあこがれるのかな?
毎日らくだにのってたら歩くことにあこがれるのかな?

寿命って長くて100年
おおよそいろんな体験をして生きるのにも
やりたいことが多すぎな人は大変だよねー

私は働かないで生きられたらどんな人生送るのだろう
って考えてみたら
きっとスリルを求めていろんなところにいっていろんなことをしても、
最後には安らげる場所をやっぱり確保したいと思うだろうなって考える。

行きたいと思わない場所
うーん。
虫がいっぱいいるところ。
裏がありすぎてどろどろしている人間の集まる場所
砂漠
ジャングル
あとは結構興味あるかもしれないなあ。。。

安らぐ場所を求めつつ安らげない生活を送る愚か者のたわごとでした。笑

投稿: POP | 2007.01.12 00:27

<<私は働かないで生きられたらどんな人生送るのだろうって考えてみたら

あー、時々考えちゃいますね。
某有名サッカー引退選手はそれに近いみたいですケド。

<<寿命って長くて100年
<<おおよそいろんな体験をして生きるのにも
若かかりし頃、ヒマラヤだっ!
と血気盛んに夢見て出かけた先は、一生涯、同じ風景を見て人生を終える遊牧民が住んでいるところ。
思うのは「しあわせーって何だっけなんだっけ?」

・・・最近は考えることがメビウスの環のようにループしているなあ。

投稿: 聖母峰 | 2007.01.12 04:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雷 | トップページ | 禁断症状 »