« 改めて言う。朝日新聞社は鬼畜新聞社。 | トップページ | 続・都合良く利用される「冒険家の生き方」 »

冒険スキーのシルヴァン・ソーダン氏、カシミールで一時行方不明

気がかりなニュースがカシミールから。
カシミールでヘリスキーに出発したヨーロッパからのスキーヤーがヘリごと行方不明になった模様。

Europeans skiers lost in Kashmir  by BBCnews3/16
(ヨーロッパからのスキーヤー、カシミールで行方不明)

10 heliskiers rescued by Tribuneindia.com3/15
(10名のヘリスキーヤー救助)

情報が錯綜しているようですが、15日付けのインドの報道では、スキーヤー達は救助された模様です。
行方不明となったグループを率いていたのが、82年にガッシャブルム1峰をスキーで滑降した冒険スキーヤーのシルヴァン・ソーダン氏。
同氏は来日した折、無雪期の富士山をロックスキーで滑降したことを覚えています。
(今でこそ和田好正氏がロックスキーで名を馳せてますが)
記事によれば、ソーダン氏は現在、自身のヘリを所有するなどして紛争地カシミールでのへリスキーの開拓に力を注いでいたようです。
BBCの報道が遅れていたのか、ともかく全員の無事をお祈り致します。

|

« 改めて言う。朝日新聞社は鬼畜新聞社。 | トップページ | 続・都合良く利用される「冒険家の生き方」 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険スキーのシルヴァン・ソーダン氏、カシミールで一時行方不明:

« 改めて言う。朝日新聞社は鬼畜新聞社。 | トップページ | 続・都合良く利用される「冒険家の生き方」 »