« あの人はいま ゴー・ミスン | トップページ | 如何にして8000m峰14座に登ったか オム・ホンギル物語 »

い・や・だ。

ネパール人からみれば私は外国人なので、
コトの是非を論じる立場には無いのは重々承知なんですが。
それでも反対です。

久々にネパール民主化運動のブログを拝見したら、
ネパール国旗のデザインを変更する動きがあるようです。

On the National Flag of Nepal by United We Blog! for a Democratic Nepal 3/2

早い話が、

National_flag_of_nepal
こちらが従来のネパール国旗。
記事によれば、青い縁取りは平和と調和を象徴、真紅の色はネパール人の勇敢な精神を示すナショナル・カラーだそうです。そして三角形のデザインは山ではなく、ネパールがヒンズー国家であることを示し、太陽と月はネパールが天体と同じくらい恒久に続くという象徴、太陽は激しい決意を象徴するのだそうです。

んで、新デザインとして挙げられているのがコレ↓
New_flag_for_nepalだっせぇー。

国旗変更賛成論者曰く、
 私たちは、国歌を変え、君主制を中断させました。 私たちは自国通貨のデザインをサガルマタで印刷しようとしています。私たちの正しい愛国心を象徴するためには、新しい民主ネパールの国旗を変えることも必要です。
だ、そうです。
ちなみに、国旗変更に関しては民主化運動ブログでも賛否両論で、コメント数も飛び抜けて多い。
わたしゃ外国人に該当しますが、従来の旗の方がいいけどなあー。

|

« あの人はいま ゴー・ミスン | トップページ | 如何にして8000m峰14座に登ったか オム・ホンギル物語 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: い・や・だ。:

« あの人はいま ゴー・ミスン | トップページ | 如何にして8000m峰14座に登ったか オム・ホンギル物語 »