« 国鳥狂騒曲 | トップページ | 総会の季節 その2 »

チョモランマBCでチベット独立抗議運動、アメリカ人4名拘束

チョモランマBCでチベット独立および北京五輪に抗議活動をしたアメリカ人4名が拘束された模様。

エベレストで米国人ら拘束、チベット独立など要求 by CNN.japan4/25

ウェブサイト上で流れている画像ではこのような抗議活動だったようです↓
Cmtibet_wideweb__470x2610


中国語メディアではRadio Free Asiaが唯一報道しているようですが、おそらく中国大陸では閲覧不可でしょう。(推測)
四名美国公民在西藏登山管地拉起藏独標語后被逮捕 by Radio Free Asia4/25

ご主人様中国政府のご意向を気にする日本メディアと異なり、英字メディアは26日現在、約200件もの記事がネット上にアップされています。
China Detains American Tibet Activists  by FOXTV 4/25

CNN日本語版では『自治区内の登山拠点での事件』と報道されていますが、他の記事から類推するに登山隊の車両の終点であるベースキャンプのことでしょう。
今年は08年の五輪本番に向け五輪トーチリレーのための試登隊が入山、関係者約70人が滞在している時期を狙っての抗議活動のようです。

抗議活動の詳細はk2climb,netあたりでも報道されるでしょう。
さて、この抗議活動は今後どのような影響をおよぼすでしょう。
私の予想は、「とくに何もない」です。
チベット侵略鉄道開業を喜々として利用しようとする日本の某県山岳連盟や山岳旅行社、ますます増加する中国国内のチベット旅行者・登山者。
今後、BC周辺でも当局関係者による政治活動に対する締め付けは厳しくなるでしょうが、中国にとって優良な観光資源であるチベットから登山隊含むツーリストを締め出すとは思えません。

むしろ情報統制下で教育を受けた中国の若い世代の登山者が、このようなチベット独立運動に関してどんな意識を持っているのだろう、そんな点に私は関心があります。

|

« 国鳥狂騒曲 | トップページ | 総会の季節 その2 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

聖母峰さんはチベット情報に結構敏感ですね。

GWまずは春スキーを楽しんできました。
残念ながら月山はお流れ・・
来年か夏のブナ林を目標に切り替えます!
抜けるような青空の下、思いっきり暑い中、雪を滑っている面白さにますますはまりそうです。

政治的なものを抜きにして、良さをただそのままにしておきたいということが難しい時代(=現代)みたいですね。。改めて日本についても考えさせられます。


投稿: POP | 2007.05.02 00:42

GW前半、山スキーを楽しまれたようで何よりです。
ブナ林は今年でも来年でも、変わらずお待ちしていますよ。

<<聖母峰さんはチベット情報に結構敏感ですね。
初めての海外経験がいきなりチベット自治区だったので、多少の思い入れがあるのだと思います。
 政治ネタになると長くなるので割愛しますが、情報を得ようとすると、どうしても海外メディアに頼らざるをえません。

投稿: 聖母峰 | 2007.05.02 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョモランマBCでチベット独立抗議運動、アメリカ人4名拘束:

« 国鳥狂騒曲 | トップページ | 総会の季節 その2 »