« 懸垂下降の末端処理 | トップページ | 営み »

博物園開園前日

山形県自然博物園の開園を明日に控え、コースのロープ張りのお手伝い。

Imgp0020
ネイチャーセンター周辺には水路が幾つかあるので、雪解け前に案内ロープを張る。
積雪は2m、どこが水路でどこが橋かわからないので、ゾンデ棒で何度も雪面を突っつきながら、「この辺が橋でない?」と探りながらの作業。

Imgp0021
↑こんな箇所は雪を切り崩す。

Imgp0023
午前中で作業はおわり、昼飯となる。
館長の横山さんに昼飯喰って行け~とお誘いを受けるが、あまりに天気が良いので一人、山の中で昼飯とする。
リュウキンカ広場でミズバショウ眺めながらティータイム。
昼食後にネイチャーセンターに戻る途上、長岡先生とそのご友人とすれ違う。
長岡先生、自らスコップを持ってルート整備しながら登高されていた。
その姿には頭が下がる想い。

私はかねてから国立公園整備には行政はもっとカネと人出せ!と考えていた。
環境省は最近何やらレンジャー制度と称して、「使い捨て」と言わんばかりの待遇(一年契約)でレンジャーを募集しているようだが、もっと長期間の雇用職種として募集できないのか?
国家公務員の超良好手厚い待遇の環境省の役人さんよ?

長岡先生の姿を見るにつけ、ここの自然博物園はこうした一般の方々の尽力で運営が成り立っているんだなあ。と考えさせられるのだ。
アメリカの国立公園のウェブサイトを見るとパークボランティアの活動が活発であるし、わざわざ日本からも有志が参加しているようであるが、月山・志津の博物園のスタイルは案外アメリカのそれに近いのかもしれない。

本日の国道112号線沿いの花。

Imgp0027
前から気になっていたザゼンソウの群落(正確には、国道から県道に少し入った場所だけど)

|

« 懸垂下降の末端処理 | トップページ | 営み »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/14908104

この記事へのトラックバック一覧です: 博物園開園前日:

« 懸垂下降の末端処理 | トップページ | 営み »