« お気軽に高所トレーニングを | トップページ | 蜘蛛ダイエット。改め、蜘蛛料理。 »

韓国のオ・ウンソン、シェルパレスでチョーオユー挑戦

この記事の一節がとても印象に残りました。

オ・ウンソン、シェルパレスでギム・ソンエさんとチョーオユー挑戦 by スポーツ朝鮮4/8

以下記事引用開始
---------------------------------------------
あなたの今日に反対します。よりよい明日があるから。

 韓国女性初の世界7大陸最高峰を登頂した女性登山家、オ・ウンソンさんに出会うと誰もが驚く。1m60cmに満たない小柄な体でどこにそんな力があふれ出るのだろう。また彼女にとって「よりよい明日」は果たして何だろう。
 「40は不惑の年というのに、相変わらず巨峰の魅力に誘惑されて、いつの間にか山は私の人生の「運命」になりました。」
 (中略)
 チョオユーは今度が2回目の挑戦だ。昨年10月シシャパンマ登頂を終えてすぐに挑戦したが、頂上まであと100mのところで撤退せざるをえなかった。下山できる確信がなかったからだ。
 「巨峰登山で大部分の事故が登頂後に起きるほど、下山は重要です。退却は悔しかったが、おかげさまでチョオユーにまた出会えるじゃないですか。」
 (中略)
「韓国の山岳界は男性中心じゃないでしょうか。しかし女性クライマーも巨峰、巨壁、スポーツクライミングで頭角を表しています。私の努力が後輩の女性クライマーたちに力と夢になったら嬉しいです。」
 オさんは、今夏女性メンバーだけでK2に挑戦する計画である。
 彼女の「よりよい明日」を目指した足を止める気配はない。
---------------------------------------------
以上引用おわり

200502240500131_1オ・ウンソン近影

この記事の見出し、
『あなたの今日に反対します。よりよい明日があるから。』
がなんとなく気に入りました。
「今日に反対する」の訳がしっくり来ませんが、韓日辞書でも「반대」は「反対」としかでてないし・・・
今日よりも、よりよい明日を目指そうというニュアンスは汲み取っていただけると思います。
韓国の女性フリークライマーの第一人者、ゴー・ミスンが8000m14座を目指しているのに対し、オ・ウンソン女史は14座は特に目標にせず、体力が続く限り高所登山を続けたい一方、指導者として活躍したいと明言しています。

以前に韓国メディアでオ・ウンソンさんを取り上げた記事を読みましたが、やたら「未婚、未婚」と強調していて、たぶん日本なら読者からクレームものでしょう。
韓国登山史、特に高所登山においては女性登山者は男尊女卑の壁に非常に苦労したと言われています。
オ・ウンソン女史のチョーオユーとそれに続くK2登山の成功をお祈りいたします。

|

« お気軽に高所トレーニングを | トップページ | 蜘蛛ダイエット。改め、蜘蛛料理。 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のオ・ウンソン、シェルパレスでチョーオユー挑戦:

« お気軽に高所トレーニングを | トップページ | 蜘蛛ダイエット。改め、蜘蛛料理。 »