« ナジール・サビール、シアチェン氷河問題を語る | トップページ | みちのく一人旅 »

日本人トリオ、アラスカで活躍

イチムラフミタカ、サトウユウスケ、ヤマダタツロウの3人組がアラスカで大活躍の模様。

Trio of Hard New Routes in the Ruth by Climing5/23

画像で見る限り、素晴らしい「ライン」ですね。
私が最初にこの情報を知ったのはイギリスの登山サイトUKclimbingに「日本人トリオ」として小さい画像が掲載されていたのですが、すなわちヨーロッパ各国にも成果が知れ渡っていることでしょう。
情報発信はクライマーの山田達郎氏自身によって配信された模様。
登った本人が自ら情報発信。
ますますロクなんとかいうカルト雑誌の存在意義は薄れていくのでありました(笑)

しかしこういったクライミングの成果、日本の馬鹿マスゴミも少しは取り上げてほしいなあ、7大陸なんとか記録とやら大々的に報道するんだったらさ。
この前偉そうに「先鋭的なクライミングはなかなか表に出ない」とか登山ネタとりあげてた左翼偏向毎日新聞はどうしたよ?

|

« ナジール・サビール、シアチェン氷河問題を語る | トップページ | みちのく一人旅 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人トリオ、アラスカで活躍:

« ナジール・サビール、シアチェン氷河問題を語る | トップページ | みちのく一人旅 »