« インドのサントシュ・ヤダフ、シャラポワと肩を並べる | トップページ | 体脂肪率 »

7月22日に富士登山を予定されている皆様へ

当ブログをご訪問いただいた皆様、ありがとうございます。
もし皆様の身近で7月22日に富士登山を計画している方がおられましたら、こんな連中も登るということをお伝え下さい。
アメリカ軍の機関誌Stars and Stripesに、ちょっと変わった三人組登山者の記事が掲載されています。

Trio plans three Fuji climbs in 24 hours by Stars and Stripes 7/18 
(24時間以内に3度、富士山登頂をめざす3人組)

以下記事引用開始
----------------------------------------------------------
在日米軍横須賀基地-笑いと、懸念と、侮辱と、疑問符・・・

横須賀基地の第七潜水艦隊配属の三人組(クリス・ケルミス、ダグ・シュワルツ、ジェフ・デ・グロート大尉)は、地元の孤児院への募金のため、7月22日に24時間以内に3度、富士山登頂にチャレンジします。
彼らは河口湖コースの五合目から出発、富士山頂3776mを目指します。
「まったく楽しめなさそうとは知ってますけどね」とシュワルツは語ります。
「最初はひたすら単純な運動、そして次には口がきけなくなるでしょう。」とケルミスは考えています。「さらに、私たちにはアドレナリンが必要になるでしょう。」
誰にも命令されたわけでもなく、スポンサーもなく・・・「狂ったガイジン富士登山」と呼ばれている彼らの計画は、3人の間の議論から生まれました。
「それは、肉体への挑戦と疑問(『我々にできるのか?』)として始まりました」と、デ・グロートが語ります。「そして私たちは実行を決意しました。」
彼らはシュンコウ・ガクエンの子供達に努力の成果を還元したいと考え、ボランティアプロジェクトを立案しました。
その結果、三人組が「いかれてる」と話した人々も、彼らの挑戦を支持すると誓いました。孤児院へ1,600ドルの寄付は約束された??? 登山の結果次第で、と彼らは言います。
彼らはきつい傾斜に調整したステアクライミングマシンで週数時間、訓練を受けていました。
「これでバッチリです。」
富士山の気まぐれな天候に備え、ザックにはあらゆる可能性を考え、多くの食料と水、GPSとヘッドライトを含む道具が詰め込まれます。
応援のため、彼らと共に登る友人もいます。
彼らは24時間、眠る予定はありません。
デ・グロートは日出ずる国の象徴である山頂で、日の出を見ることを楽しみにしています。
「私は今まで二回富士山頂に登って、日の出を見たことがないんです。そしてすべてが終わった後に孤児院で子供たちと会う、それっていいでしょ。」
しかし彼は登山の後を恐れています。
「翌日がとても心配・・・筋肉痛がひどそうです。」

寄付のための詳細な情報について、ジェフ・デ・グロート宛に電子メールを送ってください。
----------------------------------------------------------
以上記事引用おわり

やれ市民をぶん殴った、女性をレイプしたと悪評高い横須賀基地の在日米軍ですが、
孤児院のために一肌脱ごう・・・というか24時間で富士に三べん登ろうというイカレた男たちが現れました。
記事中のシュンコウ・ガクエンとは、横須賀の児童擁護施設「春光学園」と思われます。

さて、アメリカの登山関連記事を読んでいると、チャリティー登山というのがよく記事になります。
ネームバリューや高所登山として手頃なところから、キリマンジャロがよく舞台になるようです。
募金を募るために山に登るチャリティー登山、今ひとつその実態がわかりません。
オレオレ詐欺など物騒な世の中ですが、今回はアメリカ軍人と身元がはっきりしているし、試しに当該記事のジェフ・デ・グロート大尉にメールしてみました。

返ってきた返事↓
--------------------------------
Thank you for your support and interest. We are very excited for our upcoming climb.

We are a little surprised that there is interest from so far away, but we are happy and thankful for your assistance or donations. Since we are able to meet with most people in person to collect money, we do not know the best way to receive money from far away. If you know of an easy way to send money, such as
a bank check, please let us know.

Our plan is to collect the money and buy items that the orphanage can use. We will then present the gifts to the orphanage after we return.

Thank you again for your support. I look forward to hearing from you.

Very Respectfully,
LT Jeff de Groot
--------------------------------
応援とご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
今度の登山において、私たちはとても興奮しています。

遙か遠くより関心をお持ちいただき少し驚いていますが、あなたの支援や寄付に、私たちはとても幸福で感謝しております。
募金を募るために私たちはほとんどの人々に会うことができるのですが、遠方より募金を受け取る最良の方法がわかりません。
銀行小切手など、送金するに簡単な方法をご存じでしたら、私達にご連絡下さい。

私達の計画では、募金を募り、孤児院で使用することができる品物を購入することです。
戻った後に、私達は贈り物として孤児院に贈るつもりです。

応援重ねてありがとうございます。
あなたから連絡をいただくのを楽しみにしています。

謹んで
ジェフ・デ・グルート大尉

--------------------------------

いや私だってユニセフのテレビCMみりゃ「カネなら俺にくれ!」と思う程度に財布も性根も貧しい会社員なんですけどね。
こういう男気を発揮するキチガイ三人組をみていると、何か応援したくなる性分なもので。
カネとヒマもてあました芸能人・スポーツ選手が荷担したホワイトバンド「詐欺」よりよほど応援したいですね。
横須賀基地宛にアミノバイタルプロでも送ってあげようかと思います。

さてあらためて7月22日に富士登山を予定している皆様、
反米左翼活動に熱心な労○の人たちはさておいて、
24時間で3回富士山に登ろうというガイジン3人組を見かけたら、ぜひ応援してあげてくださいね。

|

« インドのサントシュ・ヤダフ、シャラポワと肩を並べる | トップページ | 体脂肪率 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/15798235

この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日に富士登山を予定されている皆様へ:

« インドのサントシュ・ヤダフ、シャラポワと肩を並べる | トップページ | 体脂肪率 »