« 大日岳遭難事故裁判・和解について思う | トップページ | この登山、仕切らさせていただきます。 »

愉快なロシア人。【再掲】

※当記事に関しまして、実際に現地ベースキャンプに居合わせた「当事者の日本人」様よりコメント欄の通り不快である旨ご意見をいただき、改めてご了解を得た上、オリジナル文タイトルと文末を変更の上、再掲します。
なお、当該記事のロシア人達の画像光景は騎馬戦で間違いないとのことです。
遠征登山のベースで騎馬戦・・・
やっぱり理解できん・・・
「当事者の日本人」様、早速のメールご返信とご教示ありがとうございました。
以下、修正記事↓
----------------------------------------------

今年のカラコルム、トランゴタワーとシプトンスパイアー(ハイナ・ブラック)でロシア隊が素晴らしいクライミングを展開しています。
トランゴ隊は成功したようですが、シプトンスパイアー隊は悪天に悩まされているようです。

Moscow Karakoram Expedition - Haina Brakk Direct 2007 by Mountain.ru

んで、遠征登山につきものの、悪天時のヒマつぶし。
私などは、あまり衣類を身につけていない女性の雑誌などの読書にいそしんでおりましたが。
シプトンスパイアー隊のロシア人はボルダリングに興じているようです。
そしてもう一つのヒマつぶしは、

F_1 騎 馬 戦 。

ロシア人はそんなに体力もてあましているのか?
頭痛くなりそうなキリル文字を訳すと、「ベースキャンプのコック達は喜んで参加した」とあります。
そして・・・・
日本人と他のヨーロッパ人は参加を遠慮した」だそうです。

|

« 大日岳遭難事故裁判・和解について思う | トップページ | この登山、仕切らさせていただきます。 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

なんだかそんな無責任な(?)書かれ方をすると、当事者としては少し不快です。

投稿: 当事者の日本人 | 2007.07.28 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愉快なロシア人。【再掲】:

« 大日岳遭難事故裁判・和解について思う | トップページ | この登山、仕切らさせていただきます。 »