« おら東京さ来ただ。 | トップページ | 映画 ブラインドサイト »

竹内洋岳君のお見舞い

夜行バスで上京、三途の川で一泳ぎしてきた竹内洋岳君のお見舞いに都内某病院を訪れる。
まだ体を起こせる状態ではありませんでしたが、口だけは達者でした。
今回の見舞いに際しては、チームメンバーに死傷者が出ていることから山と事故の話題は出すまいと心に決めていたのですが、竹内君本人が事故の状況についてよくしゃべる(笑)ので、私は専ら聞き役に。ついでに国際隊の様子を聞いたりする。

私は竹内にとって過去の人間に過ぎないのですが、結婚式で新郎からスピーチ頼まれた立場としては「可愛い奥様と子供いながらヤバい目に遭いやがってコンニャロ」と言いたかったのですが・・・とにかく本人を目の前にほっとするばかりでした。遙か遠い昔でも同じコッヘルの飯を喰った者としては、14座のタイトルよりも彼の命の方が何億倍も大切なのは言うまでもありません。
当ブログやメールを通じて竹内君の身を案じていた皆様、御心配いただいた事については勝手ながら私から代弁させていただきました。
ただただ早い回復を祈りながら、山形新幹線に乗り込んで帰郷。

|

« おら東京さ来ただ。 | トップページ | 映画 ブラインドサイト »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/15851084

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内洋岳君のお見舞い:

« おら東京さ来ただ。 | トップページ | 映画 ブラインドサイト »