« 小市民の贅沢 | トップページ | 頂上に立たざる者 »

露のプロテニス選手、チョーオユー目指す

「頂上はキッャチボールができる広さ」と言われる世界第6位チョーオユー峰。
ロシア人、騎馬戦の次はテニスか?!

Tennis on Top of Cho-Oyu (8201)  by Mountain.ru9/5

ロシアの男子プロテニス選手として4大大会も制覇している実力派、サラト・マフィンがチョーオユーを目指すそうです。
タイトルが Tennis on Top となっているので頂上でテニスやるのか!?と思いましたが、よくよく読んでみれば頂上でテニスやるなどとは一言も書いてありませんでした(笑)
ま、8000m峰めざすF1レーサーもいることだし、テニス選手がチョーオユー目指してもいいよね。

Russia
モスクワの登山用品店で買い出し中の登山隊メンバー。右端がサラト・マフィン氏。

|

« 小市民の贅沢 | トップページ | 頂上に立たざる者 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 露のプロテニス選手、チョーオユー目指す:

« 小市民の贅沢 | トップページ | 頂上に立たざる者 »