« 青少年教育より、やっぱカネですよね。(棒読み) | トップページ | 【鬱にも】雪崩ハンドブック【よく効く】 »

イボイノシシ復活!!

冬季登攀などという暗い趣味をお持ちの中高年アルパインクライマーの皆様、こんにちわ。
加齢臭が気になる皆様が驚喜するようなイギリス発の話題です。
あの『イボイノシシ』復活の兆しです!!

The Warthog Rises Like A Phoenix From The Ashes by Ukclimbing12/17
(ワートホッグ、不死鳥の如く復活)

イボイノシシといっても最近の若い人は知らないかもしれませんが、こういう形状の氷壁用プロテクションです。
77438_2

イボイノシシ(ワートホッグ)はそもそもドイツのサレワが開発、その後マウンテン・テクノロジー社が生産、そして近年の革新的ともいえるアイススクリューの開発により廃れていきました。
今回販売を扱っているNeedlesports社が当時の生産工場を探しだし、今回の生産・販売再開に結びついた模様です。
ちなみにNeedlesportsのイボイノシシ販売サイトはこちら→Mountain Technology" - Warthog Ice Screw
1本約20ポンド(40ドル)ですねえ。
生産・販売再開の理由はよくわからん(実は私、出張中で英文読むのめんどくさい)のですが、Needlesports社サイトを読むに、
The only thing for frozen turf belays and rock-hard alpine black ice
とあるところから、用途は限られてますがスコットランドあたりの凍った草付・ミックス帯のクライミングで根強い人気があったものと推定されます。

さ、クライミングが至高の登山だと思っているネクラ(死語)な中高年クライマーの皆さん、ぜひこの記事を覚えて冬合宿あたりで若い衆に自慢話でもしてくださいね。

|

« 青少年教育より、やっぱカネですよね。(棒読み) | トップページ | 【鬱にも】雪崩ハンドブック【よく効く】 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

僕もマウンテンテクノロジーの1本持ってます。これ重くて使ったこと無いので新品です。現在販売してない石井オリジナルが軽くて良いのですがすぐ曲がります。多分、モチヅキあたりで作ってると思われるので復刻できるのでは。
これとかナチュラルプロテクションを用いてドライツーリングテクニックを駆使し残置物の無いようなラインを加齢にじゃなかった華麗に登ってみたいななんて思っています。

>冬季登攀などという暗い趣味をお持ちの中高年アルパインクライマーの皆様、こんにちわ。
例えば冬季登攀華やかなりし時代の方が今も登ってるならば50歳前後。体力的にきついし社会的立場もありほとんどの方が引退してるなかで今でも現役でも登ってるのならば頭が下がる思いです。また無雪期の登山をされていて最近クライミングを始めた中高年の方が冬季登攀で八ヶ岳に行くとか結構多いようです。今は冬季登攀をする人は少なく、貴方が口撃する前に絶滅危惧種だと思えます。冬季登攀から高所登山を志す方もいるかもしれないので揶揄するより応援するぐらいの気持ちがあってもよいのでは。

>クライミングが至高の登山だと思っているネクラ(死語)な中高年クライマーの皆さん
、ぜひこの記事を覚えて冬合宿あたりで若い衆に自慢話でもしてくださいね。
今の時代、そんなこと思ってる人がいるのかな?逆にクライミングジム出身でクライミングが登山の一部だと認識してない人を危惧するべきなんじゃないかと思いますけどね。

聖母峰さんの毒舌は度が過ぎていて誹謗中傷に思えるようなことがあります。不愉快に感じることがあります。せっかく他では知りえない有用な情報を提供してるのに残念でなりません。


投稿: まるち | 2007.12.24 01:00

re:まるち様
 イボイノシシの貴重な情報と御意見ありがとうございます。

<<今の時代、そんなこと思ってる人がいるのかな?
 実は過去にそういった方に不愉快な言動を受けたことが 多 々 あるのですが、まるち様ご指摘の誹謗中傷→憎悪の感情をネットで撒き散らしても「不愉快な方々」と同様に別の方を不愉快にさせるだけであるのだなあ・・・と考え直しております。
 改めて、ご忠告真摯に受け止めたいと思います。

投稿: 聖母峰 | 2007.12.24 02:48

確かに昔のクライマーは粗野で口が悪くてアクが強くてという方が実に多かった。強烈な個性を持った方が多くて面白かったけど反面、登山者から見ると不愉快な存在だったでしょうね。あるところで「クライマーという人種は…」と言われてハッと気づかされたことがありました。ただその時代の方もほとんど引退あるいは一線から退いてる方が多いでしょうね(僕はその世代の最後の方のクライマーですけど)。今はクライマーといえばジム出身のフリークライマーやボルダラーがほとんどで紳士的で良い方ばっかりが多いかな。クライマー像も一変したようです。今の登山界はすごいスピードで驚くように様変わりしてきてると思います。良いところは残し、悪いところは直して登山界全体が良い方向に進めばよいなと願ってます。頑なに悪いところが残ってるならそこにこそ毒舌を使っていただきたいものです。
余計な事言ってすみませんでした。毒舌が聖母峰さんの真骨頂。登山に関しては度を越さないさらっとした毒舌でお願いします。

投稿: まるち | 2007.12.24 23:16

え~っ、毒舌ってのは度を越した物言いを言います。
ってどっかの辞書になかったかな?

無いか…。

毒舌=仕掛け

あるかも?

投稿: ta-keda | 2007.12.28 07:23

re:ta-keda様
 いや一番の問題は当ブログ書いてる本人が自分を毒舌だと全く意識してないことでして・・・。

 閲覧者皆様から頂戴するありがたいコメントで軌道修正する、暴走ブログでございます。

投稿: 聖母峰 | 2007.12.28 13:54

>え~っ、毒舌ってのは度を越した物言いを言います。
なるほど。毒舌を調べると辛辣な皮肉、悪口とありました。誹謗中傷を辞書で調べると悪口、根拠の無いことを言って相手の名誉を損ねることとありました。
毒舌であってもそれが一方的な中傷に留まらず疑問を投げかけ議論の余地を与えてくれるようにという意味で”登山に関しては度を越さないさらっとした毒舌でお願いします。”と書きました。

投稿: まるち | 2007.12.30 00:58

re:まるち様
<<議論の余地を与えてくれるように

そうですね、あらためて自戒したいと思います。

投稿: 聖母峰 | 2007.12.31 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/17420490

この記事へのトラックバック一覧です: イボイノシシ復活!!:

« 青少年教育より、やっぱカネですよね。(棒読み) | トップページ | 【鬱にも】雪崩ハンドブック【よく効く】 »