« 『1月17日』の、尾西食品。 | トップページ | ぷちClimbingTrip クライミングジムCERO »

狂信的環境テロ集団シー・シェパードと「環境」企業パタゴニアの関係(1/21追記)

日本では某巨大掲示板で触れられている程度ですが、イギリスのUKClimbingフォーラムでは激論になっている模様。
日本の捕鯨船に数々の暴力行為を繰り返してきた、環境保護の仮面を被った狂信的暴力テロ集団シー・シェパードのスポンサーにあのパタゴニアが荷担しているのではないか、という議論です。
そもそもの発端はウィキペディア英語版のこちらの記事↓
Sea Shepherd by Wikipedia
この記事に、
『Corporate sponsors include John Paul Mitchell Systems and Patagonia.』
と明記されています。
しかしウィキペディアの信憑性に関しては洋の東西を問わず問題になっているようで、果たしてパタゴニア社はどの程度、どのようにシー・シェパードに関わっていたのか?
UKClimbingフォーラムにおいて、David Hooper氏が直接パタゴニア社に問い合わせ、それがまたフォーラムで議論になってます。
Patagonia and Sea Shepherd by UKclimbing1/19

この記事において、パタゴニア社のJonathan Petty氏が回答を寄せています。
この回答によれば、
『As far as Sea Shepherd goes we are not a corporate sponsor as wikipedia suggests.』としてウィキペディアに明記されているような企業スポンサーではないことを否定する一方、
『Patagonia has supported Sea Shepherd's overall efforts to protect our ocean's biodiversity at times over the past 15 years.』
(パタゴニア社は海洋の生物多様性を保護するシー・シェパードの広範囲な努力を過去15年間支持してきました。)
と、あります。
この『supported』をどのように解釈するか微妙なところですが、金銭的支援以外の手法であったとしても、何らかの形で支援していたことは認めたと解釈していいのではないでしょうか。

UKClimbingフォーラムではクライマー達がこの回答を受けて様々な議論を展開しています。
シーシェパードの暴力行為は認められないという者もあれば、クライマーには反社会・反権力といった伝統がありシー・シェパードを支持する者もあり。
フォーラムの議論の中で印象に残ったのは、 ハンドルネーム「djviper」氏の次のコメントでした。
『climbing is now the middle class fasion accesory, and there fore its comunual political views reflect this』
(クライミングは今や中流階級のファッションです。社会的・政治的な見解はそれを反映します。)

パタゴニア社日本支社にはスタッフはもとより、スポンサーを受けている方々もクライミングや環境活動に優れた見解をお持ちの方がたくさんいたと記憶していますが、ぜひシー・シェパードに対する見解をお聞きしたいところですね。
まあ、環境ビジネスに目の色変えている日本のメディアはパタゴニア社マンセー状態なので期待はしてませんが。

---------------------------------------------------
1/21追記
 コメント欄に情報を提供いただきました。
 日本国内でもmixiで既に議論になっているようです。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27132117
 また、シー・シェパードはパタゴニア社から衣類など現物提供してもらっているとのこと。

 ・・・捕鯨問題に関しては、私は環境平和団体の仮面を被った極左政治団体「緑豆」と違い捕鯨容認派であります。
 そろそろ愛用のキャプリーンを脱ぐべきか?

|

« 『1月17日』の、尾西食品。 | トップページ | ぷちClimbingTrip クライミングジムCERO »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

mixi のパタゴニアコミュの
「シーシェパードとパタゴニア」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=27132117

で議論になっています。もし mixi ユーザーでいらしたらご覧下さい。

パタゴニアのシー・シェパードへのサポート内容ですが、シー・シェパードの公式サイトのスポンサーリストのページによると、防寒具などの衣類提供を受けている、とのことでした。
http://www.seashepherd.org/sponsors.html

投稿: ゴウユウ | 2008.01.21 17:59

re:ゴウユウ様
 情報提供ありがとうございました。
 残念ながら私はmixiユーザーではないのですが、この記事をアップして以来、当ブログのアクセス数が倍増していたのでビックリしてました。両者の関係について関心が高まっているようですね。
 今後共何かございましたらご教示いただければ幸いでございます。

投稿: 聖母峰 | 2008.01.21 22:17

レスポンスどうもありがとうございます。

mixi の当該トピックからこちらのページにリンクさせていただいています。ここ経由で、UK Climbing にたどり着いてもらえればと思って。

僕は捕鯨に関しては、熊野太地等で行われている日本古来の伝統を受け継いだ近海捕鯨には賛成しています。昨年熊野に行った際もクジラ肉を食べました。遠洋捕鯨に関しては、一部、政治的なプライドで継続している部分もあるようなので、少し疑問に感じる部分もあります。とはいえ、あのような人命に関わる暴力行為を行う過激派は、一人のアウトドア愛好家として、許せるものではないです。

ああいう集団に自社製品を無償提供しているブランドの服を着てトレッキングポイントに行くことが、自分にとって政治的に不本意な意思表明になってしまうおそれがありますから、「パタゴニアがシーシェパードへの援助を辞めるという意思表示をしない限り、パタゴニア製品を買わない、使わない」という電話をパタゴニア日本支社のお客様窓口にかけました。ちょっとおおげさかもしれませんがユーザーの声として汲み取ってほしくて。

ちなみに、僕は、祖父母が山形の葉山の近く出身ということもあり、月山にも夏に4回ほど登ったことがあるのですが、このブログのタイトルには大きな共感を覚えましたよ(笑)

投稿: ゴウユウ | 2008.01.22 00:09

営利環境テロ集団SSを駆逐せよ!!
 国際的左翼テロ集団が日本に上陸した。腰にブラ下げている拳銃は玩具と同じく役に立たず、日本警察は何もできずに静観するばかりだ。国家権力が何もできないのであれば、我々国民が日本の伝統文化を国際左翼営利テロ集団から守らねばならない。我々先人が築いてきた日本国の伝統文化を踏み躙る行為者には衝撃的な処罰を与えなければならない。二度と日本の地を踏ませないために。
 相手が武器を持ち妨害するのなら、我々日本民族は日本国の伝統文化を守るため肉弾戦で共に自爆も覚悟で突進するであろう。

「イルカ漁を妨害せよ」SS、太地町に活動家
【シンガポール=岡崎哲】米国の反捕鯨団体シー・シェパードは3日、和歌山県太地町で2日に始まったイルカの追い込み漁を妨害するため、豪州、ニュージーランド、米国、日本の活動家計6人を現地に送り込んだことを明らかにした。
 同団体の豪州人活動家マイケル・ダルトン氏(44)が本紙に語った。シー・シェパードは今後さらに20~30人を派遣し、他の動物保護団体も合流する見通しだという。
 ダルトン氏は、実力行使をするかについて、「漁師たちの(追い込み漁の)やり方次第だ」と語った。太地町では、2003年に、シー・シェパードの活動家2人がイルカ漁妨害のために網を切断して和歌山県警に逮捕されている。
(2010年9月3日20時14分 読売新聞)

追批、やすやすと、日本国に環境テロ集団SSメンバーを安易に入国させるとは、日本国入管の審査も舐められたものだ。テロ集団には甘い入管システムが暴露され役に立たないと同じである。日本で行われる国際会議が心配になる。
 これでは、テロ集団がお客様として堂々と犯罪をしでかし、堂々と出国できるのではなかろうか。それも、丁寧にお土産まで持たせて・・・・・・。
 政府は無為無策で機能しないばかりか、日本国家権力が環境テロ集団SSから日本国民の命を守れないのであれば、自衛のため日本国民が自ら立ち上がり、断固阻止するしかないであろう。未来に輝く子供たちの生命のために。
 

投稿: sawas | 2010.09.03 22:03

re:sawas様
 コメントありがとうございます。
 当方、太地町で捕鯨漁が無事に始まったという報道まで把握しておりましたが、ご引用の記事は知りませんでした。本日(9/7)の記事ではリック・オバリー氏も動いているようです。

 ご指摘の環境テロ集団SSに関しましては、環境問題という枠を越えて政治問題として扱うべきとも思います。もっとも、中華人民凶悪国のヘリがやすやすと日本の艦船に近接しているのを傍観する今の政府に期待はしておりませんが。

投稿: 聖母峰 | 2010.09.08 05:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/17759199

この記事へのトラックバック一覧です: 狂信的環境テロ集団シー・シェパードと「環境」企業パタゴニアの関係(1/21追記):

» パタゴニア社がシーシェパードを後援している件 [バフェ 黒いベレー]
パタゴニア社がシーシェパードを後援している件。 狂信的環境テロ集団シー・シェパードと「環境」企業パタゴニアの関係(1/21追記) 日本では某巨大掲示板で触れられている程度... [続きを読む]

受信: 2008.01.22 22:27

« 『1月17日』の、尾西食品。 | トップページ | ぷちClimbingTrip クライミングジムCERO »