« 私をスキーに連れてって | トップページ | 金副隊長の山岳救助隊日誌 »

お好きな人には朗報。

韓国発のネタですが。
浄水器で知られるスイスのカタディン社が、缶詰ハンバーガー販売です。

1年保管可能ファーストフード, 奇想天外 ‘缶詰めハンバーガー’ by 中央日報1/29
Canhamberg
以下記事引用開始
----------------------------------------------
常温で 1年の間保管することができる ‘缶詰めハンバーガー’が注目されている。
話題の世界初「缶詰ハンバーガー」は、スイスのカタディン社が出したアイディア製品。
一缶3.95ユーロ(約 5,500ウォン 訳者注・日本円で600円弱)の缶詰ハンバーガーは、特殊食品技術によって製造され、常温で12ヶ月保存が可能だ。
お湯で缶詰を暖めれば、いつでもどこでも暖かくておいしいハンバーガーを楽しむことができると強調している。高山地域の登山など、野外活動時に特に有用だという。
(以下略)
----------------------------------------------
以上引用おわり

念のためカタディン・スイス本社のサイトを閲覧してみると、浄水器メーカーと思っていたら色んな食品を製造してるんですね。
しかし何故ハンバーガー?
アメリカンならともかく、スイス人もハンバーガー好きなのか?
そこまでして食いたいのかハンバーガー。

|

« 私をスキーに連れてって | トップページ | 金副隊長の山岳救助隊日誌 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

写真からするとチーズバーガーらしいですね。
1年保存して食べる気はありませんが、今日のニュースの毒入りギョーザよりは安全であることは確かでしょう。(ゴミ餃子というのもあったな)
もう自給自足できるものなら、やりたい気分。

投稿: かもめ | 2008.01.30 21:36

<<今日のニュースの毒入りギョーザよりは

いやいや、報道では大変な事態になってしまいましたね。
しかし今だにハンバーガーを長期保存する意義がよくわからない記事であります。

投稿: 聖母峰 | 2008.02.02 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/17899533

この記事へのトラックバック一覧です: お好きな人には朗報。:

« 私をスキーに連れてって | トップページ | 金副隊長の山岳救助隊日誌 »