« 登山が人々を救う----ノシャック峰にクライマーが還る日。 | トップページ | ジョゼ・ジョバンニ 犬橇 »

弥彦山・国上山エリア トレッキングガイド

山形の隣県である新潟には、数多くの名山がある。
今、私が一番登ってみたい新潟の山は、標高634m足らずの弥彦山。
植生に恵まれ、私の好きなカタクリが多く咲いているらしいというのが、登りたい理由だ。
その弥彦山のトレッキングガイドマップが発行されたというので、早速取り寄せてみた。

弥彦山・国上山エリア トレッキングガイド販売のお知らせ by 弥彦観光協会

代金300円を郵便振り込みで送金、早速送られてきたのは・・・
Pa0_0085トレッキングマップと、充実のパンフレット群。

Pa0_0084トレッキングマップは弥彦エリア、国上山エリア、雨乞~弥彦~多宝エリアの3地域の地図と詳細な各登山コースの解説、写真入りの植物解説などで構成されている。
地図面には危険個所、花のエリアの他、山麓の温泉その他観光施設まで豊富な情報が記載されている。
惜しむらくは、地図面の登山コースの解説で要所要所のポイントが巨大な「●」で示されているだけで、標高の記載が図面にも解説にも記載されていないこと。
ただし、その欠点を補ってあまりあるトレッキングマップといえるだろう。
アプローチ車道の冬季通行止めとか車両進入困難とか、なかなか他県の人間にはわかりませんからね。
また、越後平野から望む弥彦山域のシルエット写真が掲載されているのが有り難い。
バスの車窓を眺めているクライアントから「どれがどの山ですかっ?」とか、たいてい聞かれるんだよね~

併せて送られてきたパンフレットは、山麓の弥彦神社や温泉、それから遠方から来県する人にはありがたい、観光施設が詳しく記載されている大型の新潟県図。
私も山形市周辺の低山のトレッキングマップを幾つか持っているけど、それらは観光案内所に置かれているだけのもの。
遠方から弥彦山を目指した場合、山麓施設の資料も豊富ですので代金300円で十分ペイします。
弥彦観光協会の弥彦山に対する力の入れようがひしひしと伝わるトレッキングマップですね。
Pa0_0083

今春はぜひ弥彦山に一度行ってみたいなと思っています。

|

« 登山が人々を救う----ノシャック峰にクライマーが還る日。 | トップページ | ジョゼ・ジョバンニ 犬橇 »

山岳ガイドが読む本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/40433992

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦山・国上山エリア トレッキングガイド:

« 登山が人々を救う----ノシャック峰にクライマーが還る日。 | トップページ | ジョゼ・ジョバンニ 犬橇 »