« 春 | トップページ | 「誰でもよかった」の嘘 »

インドが調子いいみたい

ネパールの政情不安でインドに登山隊が流れている、というお話です。

Indian peaks a hit with foreign climbers by Times of India 3/25
以下記事引用開始
-------------------------------------------------
外国の登山隊増加

インド登山財団(IMF)によれば、2007年にはインドの山に52隊の外国隊が遠征しました。過去5年間では最高の数です。
2006年にインドを訪問した外国隊の数は36隊にのぼりました。大部分はヨーロッパからの登山者でした。
トップはドイツ、続いて英国、フランスとスペイン隊が続きます。
韓国人もとりわけインドの山々を愛しています。ドイツ人が2006と2007年に12の遠征登山を行い、イギリスとフランスの登山家は各々8つの遠征登山を行いました。日本人と韓国人はそれぞれ4隊、3隊です。
IMFの記録は、もう一つの面白い事実を示しています。
ラダックの標高6,153メートルのストックカンリは特に遠征隊に好まれています。
2006と2007年には26隊の外国隊を引きつけました。インド国内の登山者にも人気があるとわかりました。
IMFによれば、その他に人気がある山としてジャンム・カシミールのクン東峰(7,077メートル)とガルワールの6,830メートルのケダル・ドームでした。同期間に各々6隊と5隊の外国隊を引きつけました。
-------------------------------------------------
以上記事引用おわり

と、いうわけで、インド登山が増えているようです。
理由として、IMF理事はネパールの政情不安からインドに登山者が流れたのではと語っています。
今年はチベットがハチャメチャそうなので、もっと流れるかな・・・
日本でも、かつてはCB山群などは登山期間も短く済み人気の山でしたが、かつて不評だったインドの登山手続きが尾を引いているんでしょうかね。欧米に比べれば登山隊の数は今ひとつのようです。
海外の公募隊のサイトを見ると、インドのストックカンリやケダルドームは結構ポピュラーなようです。

登山はさておき、いやビックリの報道といえば、
さあ、インド・ネパールで登山経験のある皆さん、ご一緒に!
あのタタがっ!
あ の タ タ が っ !
イ ギ リ ス の ジ ャ ガ ー 買 収 な ん て っ !!!!!

でもタタのウェブサイトを覗くと結構かっこいい車が並んでますねえ・・・

|

« 春 | トップページ | 「誰でもよかった」の嘘 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドが調子いいみたい:

« 春 | トップページ | 「誰でもよかった」の嘘 »