« インドが調子いいみたい | トップページ | お気軽ディープウォータークライミング »

「誰でもよかった」の嘘

今日もメチャメチャ仕事で疲れた。
近所に見つけたマッサージ屋に行ったら「凄い(体が凝って)ですねえ」と言われちまったよ。
そんなので凄いと言われても嬉しくない今日この頃。

疲れた体で宿に帰ると、ロビーの夕刊にまたまた衝撃的な報道が。
無差別殺人に、ホーム突き落としに、こんどは小学生が飛び降り自殺ですか。
ふー。

まず、「誰でもよかった」って、あれ大 嘘 だ よ ね 。
マスゴミの皆さんはお仕事ですから、そりゃセンセーショナルに取り上げるけどさ。
「誰でもいいから殺したかった」とか、
心身膠着状態で見境なく包丁ふりまわしたとか、
過去にも「無差別殺人」なるものはあったけどさ。
よ~く振り返ってみると、そういう事件の被害者って、たいてい女性子供とか多いんだよね。
誰でもよかった、とかいうわりには、極真空手の道場に突入したとか、山口組系事務所に刃物持って押し入ったとか聞かないよね。
裁判になるとすぐ「人権派」弁護士のカス共が精神状態がうんぬん説くけど、相手を選んでるよな、ああいう「無差別殺人」って。

Pa0_0027世間を騒がすと言う以前に、親御さんの事を考えると暗澹たる事件が起きている一方、メチャメチャ疲れたけど今日も仕事はおわり。
街灯に照らされた、七分咲きの桜並木の下を歩きながら銭湯へ。
銭湯の番台のおじいさんもコックリコックリ居眠りこいてました。
風呂で体を暖めたあと、満開のモクレンの下を歩いて宿に帰る。
また明日も重労働の日々です。

|

« インドが調子いいみたい | トップページ | お気軽ディープウォータークライミング »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

強いもの勝てないものに向かう勇気もないくせに
人を殺すことでうさを晴らしたいなら、自分自身を殺せるか?殺せないからせめて殺しやすい弱いものを殺してあとは投げやりになるという恐ろしさのような気がします。
自殺反対論だし、他社を殺す覚悟をなぜ食うにこまってひぃひぃいっても頑張って生きる選択肢を選べないのでしょうか?
ここらへんの弱さと思考は何によって培われるのでしょうか?

優等生ではありませんが、こういうところにこそ
教育が求められるのであって、親や先生は生きる知恵と価値を教えることが一番大切なんじゃないかなって思います!

家族の閉塞感のある田舎ではこういう事件が増えそうで怖いです。

投稿: POP | 2008.03.27 00:32

<<教育が求められるのであって、親や先生は生きる
<<知恵と価値を教えることが一番大切なんじゃない
<<かなって思います!
今やそういう時代なんですかねえ。
こういう事件があると情報過多の時代うんぬんと言われるけど、情報が多いからこそ、もっと命の尊さに気づく機会に恵まれていいのではないかと思うのです。

投稿: 聖母峰 | 2008.03.30 15:43

それでこそ、山岳ガイドの腕のみせどころかと(笑)

命はつながっている。
水の連鎖が沢山のものを生み出す感動があると思います。
沢山の命がものすごい偶然?の連続で素晴らしい風景を生み出しているということを感じられるとき、逆にいえば生きている偶然にも感謝したい気分にさせられるからです。

自然とは・・うんぬんいっちゃうのは難しいから敬遠されたとしても、感動する景色から知る喜びって大きいと思います。
年度末くたびれきったサラリーマンには必須ですかね?苦笑

投稿: POP | 2008.03.31 22:57

<<年度末くたびれきったサラリーマンには必須ですかね?苦笑

必須ですよ!
必須必須!
当方も嵐の年度末ですだ・・・

投稿: 聖母峰 | 2008.04.01 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/40643926

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰でもよかった」の嘘:

« インドが調子いいみたい | トップページ | お気軽ディープウォータークライミング »