« 墨田区 ラリサの店 | トップページ | 春 »

山の記念

人は、登山の証をモノとして残したいのでしょうか。
まあ、私も前述の記事で書いたように、登った山の石で焼き物を作ったりしていますが。

緊急探找:“登山英雄”劉連満失了的栄誉奨章 by 中国戸外資料網3/22

記事の概要は、今年79歳になる劉連満氏が、引っ越し移動中の車が故障、荷物を降ろした際に長年の登山で受賞した証明書・メダル一切合切が入った箱を紛失、ショックのあまり心臓を病んでいる劉連満氏は薬を服用してようやく持ち直すほどの衝撃を受けました。現在、メディアを通じて広く拾得者がいないか呼びかけているという記事です。

11822182969724768この劉連満氏。
1960年に中国隊がチョモランマ北面からの登頂に挑んだ際、王富洲、屈銀華、貢布らと共に頂上アタックに赴きましたが、頂上目前に劉連満氏は登頂を断念、それだけでなく仲間のために酸素ボンベを残していったことから伝説的英雄として周恩来に建国記念日式典に招かれたという人物です。

この記事を読み、やはり人は『記念』というものは形として残しておきたいものなのか・・・と考えさせられました。
登山が国家の威信を賭けた時代の人の、ちょっとお騒がせな話題ではありますが、無事見つかることをお祈りします。

|

« 墨田区 ラリサの店 | トップページ | 春 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の記念:

« 墨田区 ラリサの店 | トップページ | 春 »