« おやすみ | トップページ | チョモランマ/エベレスト入山禁止で笑う人々 »

国歌斉唱を嘲笑う山岳ライター井上D助氏の論調に期待する。

山岳ライター井上D助氏のブログを拝見したところ、御子息の入学式の国歌斉唱について、このように記載されておりました。

挨拶後の一同起立で間髪いれず、国家斉唱(国家とは原文ママ)

その「セコいやり方」に「笑いすら出てきてしまいました。」
とのこと。
そしてこう締めくくられている。
『為政者というものは、何がしたく、また何を怖れているのでしょうか。』

一読して、君が代肯定論者の私などは悲しいのを通り越して鬱々に拍車がかかってしまいました。
井上氏は、何を恐れているのでしょうか
きたる北京虐殺五輪において、日本人選手がメダル授与の栄に輝き、国歌演奏の際にはぜひコメントいただきたいものです。

私はさっぱり理解できませんが、君が代の歌詞が問題だ、というキチ○イ左翼が世間には大勢いらっしゃるようです。
さて、チベット問題を巡る激しい抗議で話題になったフランス、そして人権蹂躙虐殺国家・中国の国歌の歌詞を、参考までに下記に掲載します。
この歌詞を読んで、左翼・・・あいや、世界平和を願う頭の中が飯豊連峰なみにお花畑な方々は、ぜひぜひ両国大使館に「歌詞が良くない」と、抗議の声を挙げてください。
ちなみに私は、両国の国歌はその苦難の歴史を反映したものとして尊重いたしております。
(つーか、中国の義勇軍進行曲はもともと抗日映画の主題歌でそれはそれで言いたいことはあるが、本件では国歌を尊重することを論じているのでここでは省略)

フランス国家 ラ・マルセイエーズ
 いざ進め 祖国の子らよ
 栄光の日は やって来た
 我らに対し 暴君の
 血塗られた軍旗は 掲げられた
 血塗られた軍旗は 掲げられた
 聞こえるか 戦場で
 蠢いているのを 獰猛な兵士どもが
 奴らはやってくる 汝らの元に
 喉を掻ききるため 汝らの女子供の
コーラス
 武器を取れ 市民らよ
 組織せよ 汝らの軍隊を
 いざ進もう! いざ進もう!
 汚れた血が
 我らの田畑を満たすまで


中国国歌 義勇軍進行曲
 起て! 奴隷となることを望まぬ人々よ!
 我らが血肉で築こう新たな長城を!
 中華民族に最大の危機せまる
 一人びとりが最後の雄叫びをあげる時だ
 起て! 起て! 起て!
 敵の砲火をついて進め! 敵の砲火をついて進め!
 進め! 進め! 進め!

|

« おやすみ | トップページ | チョモランマ/エベレスト入山禁止で笑う人々 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/40827337

この記事へのトラックバック一覧です: 国歌斉唱を嘲笑う山岳ライター井上D助氏の論調に期待する。:

« おやすみ | トップページ | チョモランマ/エベレスト入山禁止で笑う人々 »