« チョモランマ第2ステップの梯子、博物館入り | トップページ | 広島市 午前10時午後3時 »

デナリ・カシンリッジに関する報道に思う

先日二度にわたり書きました、デナリ・カシンリッジにおける日本人クライマーの行方不明に関して。
この件については、イタリアの登山専門ウェブMontagna.tvでもトップニュースで取り上げています。

McKinley: storica salita, ma finisce in tragedia by Montagna.tv5/29
タイトルを日本語に訳せば、『歴史的なクライミング、悲劇に終わる』
捜索が続行されている現在において「悲劇」という言葉を使うことには大いに抵抗がありますが、ここで論じたいのはメディアの取り上げ方です。

登山専門ウェブとはいえ、遙か遠くヨーロッパ・イタリアのメディアがきちんと「歴史的なクライミング」と評価している一方、日本のメディアでは・・・
爺のエベレスト登頂でお祝い騒ぎですか?
ロクでもないスノーとかいう糞雑誌の出版社を買収したのはIT出版企業でなかったっけ?速報性のカケラもないですね。
日本にもk2climb.netとかUKclimbing.comみたいな、リアルタイムで登山・クライミングの情報を統括するサイトって現れないもんでしょうか。

|

« チョモランマ第2ステップの梯子、博物館入り | トップページ | 広島市 午前10時午後3時 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デナリ・カシンリッジに関する報道に思う:

« チョモランマ第2ステップの梯子、博物館入り | トップページ | 広島市 午前10時午後3時 »