« 犯罪を擁護する朝日新聞社 | トップページ | 【速報】イナキ・オチョア死亡 »

ハンター北壁 彼女が登ったのは何か?

アラスカの素晴らしい岩壁、ハンター北壁。
この岩壁の「女性初登」を巡って、論争になっているようです。

事の起こりは、Alpinist誌に掲載された記事。

First Female Ascent of Deprivation by Alpinist誌5/19

アメリカのZoe Hartが今季、ハンター北壁の「Deprivation」ルートをトライ、ハンター北壁の女性初登と報じられましたが、ニュージーランドの関係者がニュージーランドのPat Deavollが女性初とクレームをつけています。
Alpinist誌編集者は記事冒頭に、2004年にPat DeavollはDeprivationを登ったが山頂に達しておらず、Zoe Hartを女性初とする、とわざわざ注釈を付けています。
Alpinist誌サイトにはZoe Hart本人もコメントを寄せ、イギリスのUKclimbingのフォーラムでも論議になっているようです。
Deprivation1赤のラインがDeprivation

Amba_10_9Zoe Hart

Id_79Pat Deavoll

UKclimbingフォーラムでニュージーランド人が寄せたコメント、
『They climbed the route not the mountain ....』
(彼等は山ではなくルートを登った)
という言葉、昔日本のおえらいクライマーさん同士でもこんな議論ありましたねぇ。
東西問わず、こういうことが議論になっているところをみると、ハンター北壁や日本の山の区別無く、もうクライマーの価値観の問題、というしかないような気がします。

|

« 犯罪を擁護する朝日新聞社 | トップページ | 【速報】イナキ・オチョア死亡 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンター北壁 彼女が登ったのは何か?:

« 犯罪を擁護する朝日新聞社 | トップページ | 【速報】イナキ・オチョア死亡 »