« 月山の地滑りは昔から ~人と自然の共存とは何か?~ | トップページ | まあ日本には何でもありますが。 »

平山ユージとハンス・フローリン、再びノーズへ

平山ユージとハンス・フローリンのペアが再びエルキャプ・ノーズを登った模様。

Speed climbers to try for a record in Yosemite by San Francisco Chronicle6/26

Mnelcaptian26_p_0498685882ヨセミテのエルキャプ、ノーズのスピード登攀といえば先日当ブログでも書いたフーバー兄弟の記録と、それと前後する平山ユージとハンス・フローリンのペア。
後者のペアが02年以来、再びノーズを登った模様。

で、私はクライマーではありませんので次々と塗り替えられる記録には「はいはい、凄い凄い」としか思わないのですが、上記記事で印象に残ったフレーズはこちら↓

"The only reason I'm alive after 27 years of climbing is because I am afraid of heights," Florine said. "I'm always concentrating on what could go wrong."
「27年間クライミングしていて生き残れたのは、高い所が怖いからです。何かマズいことをしていないか、常に集中しています。」-ハンス・フローリン-

 ハンス・フローリンほどの人物でさえも、こういった慎重派なんですね。
 クライミングジムとかで「大丈夫だから行けよ」とか「墜ちるの怖いの?」とか初心者けしかけてる 糞 爺 に聞かせてあげたいですな。
 ハンスは昔はプロアスリートとしてXゲームなんかにも出てスポンサーが付いてたらしいですが、今は構造設計の会社勤め、カミさんと子供2人と暮らしているそうです。

 ノーズ登攀の結果を知りたいクライマーの方はどうぞこちらをご覧下され↓

Losing face: Duo fails to reclaim speed climbing record by San Francisco Chronicle6/26
(平山ユージは「侍戦士」と呼ばれていますな・・・)
 Stonerider 平山ユージ公式ブログ
 Speedclimb.com ハンス・フローリンのサイト

|

« 月山の地滑りは昔から ~人と自然の共存とは何か?~ | トップページ | まあ日本には何でもありますが。 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

私は高所恐怖症ですが、登攀はできます。
高い橋とか高層ビルは駄目ですが岸壁はなぜか大丈夫なのが自分でも不思議です。

投稿: kazuo | 2008.06.27 17:40

岸壁→岩壁でした。東尋坊は怖いかもしれない。

投稿: kazuo | 2008.06.27 17:43

re:kazuo様
<<高い橋とか高層ビルは駄目ですが
 私もそのクチです。会社の仕事で高い所登ったりもするのですが・・・足ガクガクする時ありますね。

<<東尋坊は怖いかもしれない。
 海岸沿いの高い所はまた格別ですね。先日も日本海側の崖っぷちを車で走っていても、妙に怖かったでした。

投稿: 聖母峰 | 2008.06.28 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/41661660

この記事へのトラックバック一覧です: 平山ユージとハンス・フローリン、再びノーズへ:

« 月山の地滑りは昔から ~人と自然の共存とは何か?~ | トップページ | まあ日本には何でもありますが。 »