« ショック!野口啓代さんは25歳だった!? | トップページ | 今日は熱い男だぜ。【前編】 »

山形の「だし」

よく拝見しているブログ『やまやなぶろぐ』で話題になっていた「だし」。
『やまやなぶろぐ』の管理人てるさんがゴマ油を用いており、それが地元の人間としては目新しくて、早速試してみましただ。

Pa0_0165「だし」という料理。
当ブログの読者は圧倒的に東京・神奈川の皆様が多いので簡単に説明すると、茄子・キュウリ、シソ、ミョウガなどの夏野菜を細かく微塵切りにして、醤油、納豆昆布などで味付け、ご飯にかけたり冷や奴にかけたりして食べるもの。
家庭の数ほどバリエーションがある、山形の郷土料理です。
以前関東某県でレオパレス暮らししていた時に、スーパーで「尾花沢のだし」なんて既製品が売られていたので、関東でも召し上がったことのある方は多いと思います。

んで胡麻油ですが、なかなか合いますな。
もともと冷や奴に醤油+胡麻油かけて食べたり、私の実家では「だし」にゴマを入れてたりしたので違和感なし。
夏のさっぱり料理です。

|

« ショック!野口啓代さんは25歳だった!? | トップページ | 今日は熱い男だぜ。【前編】 »

日常」カテゴリの記事

コメント

ども。ご紹介いただいてありがとうございます。
ごま油、合いましたか。
よかった、よかった。

この「だし」を知る前に、野菜をみじん切りにして、
ドレッシングであえて、パスタにかけて食べたりしてました。
今思えば、洋風の「だし」の一種なのかも。
地元の方には邪道と言われちゃうかな(笑

投稿: てる | 2008.07.18 19:20

「だし」ってネギのない今の季節の薬味と思ってました。
この季節、畑にあるものを取ってきて、小さいサイコロに切ってしょうゆに漬けます。
我が家はとってもシンプルな「だし」でした。ご飯にかけてもいいけれど、
これ納豆に入れると最高に美味いのよ!

ナスの季節になると思い出すのは
  「くじら汁」
ナスとクジラ(1ミリほどの黒い皮に白い油身が3から4センチついている)海の哺乳類には間違いないんですがあれなんだったんでしょうね?イルカかな?
あのくじら汁。何年食ってねえんだろう。

実家に行ったとき、リクエストしてみるかな。

あれっ・・・コメントするブログ間違ってるかも

投稿: tootyann | 2008.07.20 19:17

re:てる様
<<地元の方には邪道と言われちゃうかな(笑
いえいえ、美味しければ「洋風だし」でも、山形県人を勝手に代表して私がOKです(笑)

re:tootyann様
 くじら汁!
 うーむ、パタゴニア社員にでも喰らわせたいような・・・あれは正真正銘の鯨でないでしょうかな。
 
<<この季節、畑にあるものを取ってきて、小さいサイコロに切ってしょうゆに漬けます。
あそうそう、うちの実家の「だし」も、材料はナス・キュウリとシンプルで、タッパーに醤油漬に近い形で保存して置くんですよ。
 ホントに各家庭によって違いますね。

投稿: 聖母峰 | 2008.07.21 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/41895198

この記事へのトラックバック一覧です: 山形の「だし」:

« ショック!野口啓代さんは25歳だった!? | トップページ | 今日は熱い男だぜ。【前編】 »