« どうした牛角! | トップページ | 柏澄子著『ドキュメント 山の突然死』を斬る »

ホタルを見に行く

不味い焼き肉屋を出て、山形市の郊外・蔵王ダム方面に向かう。
子供達に「ホタル」を見せたい。前々から考えていたテーマである。

ここ山形市でホタルのスポットといえば東沢地区。
先週、東沢地区のホタルスポットを管理する『東沢ほたるの里づくりの会』に電話を入れたところ、
・昨年の台風の増水でホタルの住処が流失し、今年の発生状況はなんともいえない。
・観光客で混み合うので平日の夜がおすすめ
・ホタル発生のピークシーズンは七夕前後だが、年によってなんともいえない。まあ見に来て下さい。
という回答をいただいていた。

蔵王ダム方面に車を走らせる。
東沢の集落が途切れ、山道に入りしばらく走ったところ、交通整理の方がいた。地元のボランティアの方である。
ご苦労様、と感謝しつつ、指示に従って駐車。
「ホタルの里」は少し川岸に歩いたところにありました。
Pa0_0151考えてみれば、今の子供達は「完全な暗闇」に慣れていないのだろうか。ほんの少しの距離だが真っ暗闇で娘が怖いと泣き出した。
ぼんやりと光る「ホタルの学校」という提灯を辿り川岸に降りると・・・・
そこには乱舞とまではいかないが、多くのホタルが山中を舞っていた。
ホタルを初めて見る娘と息子も「お星さまみたいだねっ」と大満足。

若かりし頃、井戸からどれくらい水を汲み上げられるか、という試験のために山中の古寺跡地に一人で泊まったことがあるのだが、そのとき一匹だけホタルが目の前に飛んできた。
まあ心の和むこと。
弱々しく淡い光だけど、明かりって人の心を捉えますな。

この東沢ホタル生息地、見学者は家族連れの他、結構若いカップルも多い。
お見合いでデートスポット検索中のそこのアンタ、意外と穴場ですぜ。
くわしい情報はこちら↓
山形市観光協会

|

« どうした牛角! | トップページ | 柏澄子著『ドキュメント 山の突然死』を斬る »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

自然の中のホタルはいまや貴重品。思い出に残るといいですね。横浜も昔々は自然が近くに一杯あったんですけど。
私も2回ホタル見物に行きましたが、どちらも高級ホテルの庭です。
最近、カワニナによく似た外来種の巻貝が増えて、これをエサにしたホタルは生育が悪く、やっと成虫になっても光らないのだそうですよ。
"外来種"って繁殖力旺盛だし、困ったものです。

投稿: かもめ | 2008.07.08 13:59

<<私も2回ホタル見物に行きましたが、どちらも高級ホテルの庭です。

私の住む山形市を流れる馬見ヶ崎川(まみがさきがわ)、小さい頃には上流で普通にホタルが見られたのですが・・・今回行った東沢地区は地元の方が熱心に保護活動をされてまして、近寄ってきたホタルに手を伸ばしたら「捕まえないでっ!」と怒られてしまいました(笑)

外来種もそうですが、子供の心に訴えやすいホタル、各地で環境教育の題材になっているのですが、むやみによそから持ち込んだホタルを繁殖させて、これまた「生態系を乱す」と問題になっているようです。

ホタルも住めない川も寂しいですが、ホタルだけにとらわれてもダメみたいですね。

投稿: 聖母峰 | 2008.07.09 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/41759842

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルを見に行く:

« どうした牛角! | トップページ | 柏澄子著『ドキュメント 山の突然死』を斬る »