« ネパールのミスコン中止に追い込まれる | トップページ | 稲の花 »

アウトドアガイドへの道

日本でもアウトドア産業に関連する専門学校や野外教育を扱う大学が出てきました。
さて、海の向こうの少女はどのようにアウトドアガイドを目指しているのでしょうか?

Outdoor guides must be fit, have communication skills by The ChronicleHerald8/4
以下記事引用開始
---------------------------------------------
Pp073108ジュニアガイド、チェルシー・ハンフリーは、Lower ProspectにあるでEast Coast Outfitters社でカヤックをラックから引き離します。同社は、シーカヤックレッスンとツアーを専門にしています。
年齢は障壁にはなりません。
14歳の少女は、ガイド会社EastCoastOutfittersでカヌー指導、ジュニアガイドとしての仕事を持っています。
チェルシーは、デイブ・アドラー(East Coast Outfitters社長)に数年前、カヤックを教えられ、ガイドに興味を持ちました。彼女は子供を対象としたプログラムに関わり現在、若者達にカヤックを教えます。ジュニアガイドとしてグループを引率するときは上級ガイドの下で働きます。
野外でいろんな人々に出会うのが楽しいと言う彼女の業務には、多くの責任が伴います。
どのようにカヤックを漕ぐのか、転覆時にはどのようにカヤックから脱出するかを指導し、案内する地域の海洋生物など環境に関する情報を提供します。
若きガイド(彼女は6月にガイド研修コースを修了しました)は上級ガイドになることを楽しみにします。18歳に達すればそれが実現します。彼女はヘッドガイドになることを目標としています。その経験は、彼女自身の業務の礎になりうるでしょう。
---------------------------------------------
記事引用終わり

この後、記事は現地ガイドの雇用状況や仕事に向いている人のタイプなど掲載してます。
賃金の話題もあり、そこには

Earnings in 2007: averaged $11.50 hourly with a maximum of $23

と記載されています。
別資料によれば、北米のマックの接客(クルー)の時給が6~11ドル、トヨタ北米工場従業員の賃金が平均時給26ドル。
むしろ私がこの記事で注目したのは、取材されている14歳のチェルシーが
She eventually would like to be a head guide, and the experience could be the basis for eventually establishing her own business.
奉仕活動などではなく、はっきりと仕事、ビジネスとしてガイド業を捉えていることですね。
日本では未だに金を取ってガイドする事に対する偏見があるわけですが、こんなティーンの頃からビジネスとしてアウトドア活動を行える環境があるあたり、アウトドア産業が活発である土台を感じさせます。

|

« ネパールのミスコン中止に追い込まれる | トップページ | 稲の花 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/42103774

この記事へのトラックバック一覧です: アウトドアガイドへの道:

« ネパールのミスコン中止に追い込まれる | トップページ | 稲の花 »