« 日山協のヒトの頭の中は80年で止まっているらしい。 | トップページ | 消えた靴下 »

法事

激しい雨。
ワイパーを最速にして、家族を乗せた車はカミさんの実家に向かう。
カーステのFMラジオからは、映画「慕情」の主題歌、続いて高橋真梨子の歌声で「ジョニーへの伝言」「五番街のマリーへ」が流れる。
いろいろ思い出の詰まった曲は、法事に向かう朝にふさわしい。
今日は義理の祖父の一周忌の法要。
ガイド協会事務局からはガイドのオファーもきていたのだが、余所から来た私をいつも笑顔で迎えてくれた義理の祖父の法要を選んだ。

Pa0_0228_2カミさんの実家で僧侶を呼んでの法事の後、場所はお寺(歌人・斉藤茂吉の生家)に移し、ここでも法要。
その後、上山市内の温泉ホテルに場所を移し、親族一同集めてのお食事会。
親族といっても、カミさんの「旦那」という余所者の私にはいろいろ気を使う場となる。
予想に反してお食事会はテーブル・イスの会場。
おそらく義父が気を利かしてくれたのだろう、隣は上山山岳会のメンバーの方で、「この前朝日連峰に荷揚げ行ったとか聞いたけど、どさいってきたのや?」と山の話に突入。
相手はご高齢の方なのだが、「昔は朝日縦走にも一人コッペパン30個持ってったもんだ」という話を楽しく聞く。
普段、当ブログでは「酒飲み山岳会の糞爺」とか書いているが、私が嫌いなのは視野狭窄な傲慢爺の事であって、中高年の方の山の話しを聞く事自体は私は好きだ。
80年代末、大学近所のパン屋に作らせた、一斗缶入りの特注パンを背負っていった冬の北ア合宿を記憶している私と話が合い、「山はパンですよね」と意味不明な意気投合をみる。

酒にメチャメチャ弱いことがカミさんの親族に知られている私、食事会も中盤で中座しホテルの温泉に入る。
Pa0_0225脱衣所の窓から上山市近郊の里山を望む。
左が標高354mの虚空蔵山、右が標高398mの経塚山。
上山市近郊には味のある低山が多い。経塚山は私が以前に上山市内に住んでいたときに、ランニングコースにしていた山だ。所々に斉藤茂吉の歌碑が立っている、地元の人の散策コースだ。

Pa0_0227風呂で汗を流した後、直接宴会場には戻らず、ホテルのお土産屋を覗く。
ツアーガイドやら何やらで他県の人と関わり気づかされるのが、自分の住む土地の土産物については意外と知識が不足しているものだ。

ちなみに、東京、神奈川在住の読者が圧倒的に多い当ブログでございますが、上山市を含む蔵王周辺で月山朝日ガイド協会一の甘党(自称)の私がオススメするお土産は、
Pa0_0226蔵王・樹氷ロマン
硬めのウエハースに白チョコ挟んだ菓子です。
山形の土産物で「のし梅」?なんですかそれ?(←個人的に嫌い)

ホテルの土産物売場をチェックした後、観念して(笑)宴会場に戻る。
半ばお開きになっていたので、控え室の広い客間で酔い覚ましに睡眠を取る。ロンパールームなみの午後。
夕方、カミさんの実家経由で帰宅。
Pa0_0223 慣れない人付き合いに疲れた私を、玄関に咲く紫蘇の白い花が迎えてくれました。

|

« 日山協のヒトの頭の中は80年で止まっているらしい。 | トップページ | 消えた靴下 »

日常」カテゴリの記事

コメント

まゆはき(紅花)、さねずら(山葡萄)、時雨の松、毘龍、あたりですか?
=お土産菓子一覧=

劔岳はタテバイまで行きましたが、雨が降り出し、撤退してきました。
滑落死はまだ遠慮したいし、喜ぶヤツのほうが絶対多い!。^^;
今夏は異常な土砂降りが多くて予測がつきません。

投稿: かもめ | 2008.09.01 21:51

まゆはき、時雨の松って、かもめ様もなかなか通ですねっ。

<<劔岳はタテバイまで行きましたが、雨が降り出し、撤退してきました。
 大変お疲れさまでした。
 先日の「日本の名峰」で剱のタテバイ・ヨコバイの様子を視ていたんですが、あのカメラアングルでは「え?こんなに凄いトコだっけ?」というのが正直な感想でした。

 いろんな山のブログを拝見していますが、どこも土砂降り雨に悩まされてるみたいですね。無理しないのがやっぱり一番です。

投稿: 聖母峰 | 2008.09.01 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/42339568

この記事へのトラックバック一覧です: 法事:

« 日山協のヒトの頭の中は80年で止まっているらしい。 | トップページ | 消えた靴下 »