« 海を渡った『日本百名山』 | トップページ | カマボコテント »

アルプスにシェルパがやってきた

当ブログでは過去にも世界各地で働くシェルパ族をとりあげてきましたが、今回は登山の本場・ヨーロッパアルプスで働くシェルパ達の様子です。

Nepalese sherpas bring a little Asian flair to Austrian Alps by AFP通信8/25
以下記事引用開始
------------------------------------------
オーストリア・アルプスにネパールのシェルパがやってきた

彼女は長く黒い髪、そしてほほえみをもって、手を合わせたネパールの様式でお辞儀します。
「オーストリア・アルプスへようこそ」

 ニマ・ディッキーは西欧風ロッジ経営を学ぶため、今夏オーストリアの山小屋で働いている30名のうちの一人です。ウォルフガング・ナイルツによって企画されたプログラム無は5年目を迎え、相当な成功を収めました。
(中略)
「不法ながら、シェルパが山小屋で労働に誘われた個々のケースはありましたが、労働許可証も無く不法滞在で働いた彼らは逮捕され、キャビンマネージャは処罰されました。彼らは私がネパールで長年過ごし、多くの知り合いがいることを知っているので、私のところへ相談に来ました。」
 EU加盟国の市民ではないため、ネパール人はオーストリアで季節労働者の許可証を得ることができません。しかしながら、ナイルツはチロルで30人の訓練生のために許可証の免除を受けることができました。
 ネパール登山協会(NMA)と山小屋のオーナー達は彼が訓練生候補を選ぶのを手伝います。選定は誰が最もプログラムから利益を得られるか、ということに基づきます。
「必要条件は、彼らがトレッキングビジネスで、ガイドとして、ロッジで、または、ロッジのマネージャーとして働くということです。」
「ネパールを旅行するとき、どのロッジがオーストリアで研修した人々によって運営されているか、見分けられるでしょう。衛生面や運営方法から、より優れています。」とナイルツは語ります。
(中略)
 ニマ(28)は、6月中旬から東部チロルのリエンザー・ヒュッテで研修に取り組み、カイザーシュマレン作りの名人になりました。このオーストリア名物のパンケーキは、プラムコンポートと一緒に食卓に出されます。
「それは彼女が作ったものです。本当に上手くなりました」彼女の主人、ベルニ・バウムガードナーは笑って言います。ニマは東部ネパール・ソルクーンブでロッジを所有していますが、雨季の間は店じまいしなければなりません。そして3ヵ月半の間オーストリアのアルプス山脈で働くため、夫と3人の幼児を残してやってきました。
(中略)
ニマ(彼女は子供たちの教育費支払いに苦労しています)は「私がここで得るものは、大金です。ネパールで得られるのはわずかなお金です。」と言います。
「彼らにとっては、それは宝くじに勝つようなものです。3または4ヵ月後に、彼らは5,000ユーロを持って帰国します。450,000-500,000ネパールルピーになります」ナイルツは語ります。比較するならば、ネパールにおける教師の月給は10,000ルピー、医師の月給は15,000ルピー、ウェイターは3000ルピーです。
 ナイルツは全員のビザ、移動経費と給与等を管理しますが、シェルパ達がプログラムに参加できるのは3回までに限定されています。同じ人間がやってくれば、ゼロから学ぶ必要が無いため山小屋のオーナーには好都合ですが、多くの人間に同じ機会があたえられなければなりません。ナイルツは言います。
「私は彼等を援助したいのです。私はよくネパールを訪れ、多くの美しい経験を得ました。恩返しがしたいのです。」
(後略)
------------------------------------------
Aleqm5ioi0qzqilhogxsat5wnlpkqgasg ←ロッジで研修するシェルパ族
このシェルパ族研修プログラムを企画したウォルフガング・ナイルツ氏は、78年、メスナーとハーベラーが人類初のエベレスト無酸素登頂に成功した際の登山隊隊長を務めた人物。
ネパール関連の報道を検索していた数年前、観光開発のシンポジウムで名前を見かけておりました。シェルパ達の季節労働許可証の免除を勝ち取るだけの、相応の経験と発言力、人脈をお持ちなのでしょう。

私の地元の蔵王でも、欧州アルプス風を強調したロッジやレストランを見かけるのですが、ヒマラヤ山麓でもそのうちアルペンホルンが聞こえてくるようになるんでしょうか。北アのどっかの山小屋みたいですね(笑)
それはさておき、こういったシェルパ族への援助方法もあるということで、ヒマラヤ山麓で美味しいオーストリア料理が食べられる日は近いようです。

|

« 海を渡った『日本百名山』 | トップページ | カマボコテント »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/42277664

この記事へのトラックバック一覧です: アルプスにシェルパがやってきた:

« 海を渡った『日本百名山』 | トップページ | カマボコテント »