« メスナー爺さん、K2遭難にコメント | トップページ | 山形の朝と夕べ »

世界のマスゴミが絶対取り上げないチョモランマの話題。

さあダークでいかがわしい山の話題を期待している皆様お待ちかね!
前々から『噂』に聞いてましたが、ついにネット検索で検出されるメディアにこの話題が登場!

Did China fake Olympic Everest summit? by News.com.au 8/5

Nepal blog claims that Chinese mountaineers faked Everest Olympic flame climb by Thaindian.com8/5

題して、
中 国 の エ ベ レ ス ト 聖 火 登 山 は 嘘 ?

元記事はネパールのブログblogdaiを元に、News.com.auのJack Marxが記事をブログ形式で書いたモノ。検索をかけると、Jack Marx氏の記事が世界中に配信・コピーされているようです。
記事の概要、登山隊への疑義をかいつまんで書くと、
 ・頂上にあるはずのタルチョやカタが古びていない。
 ・他の登頂記録映像では見られない隊員の呼気が白く見えている。標高が低いからではないか?
 ・山頂の映像で隊員がしゃべりまくっているが、あの高々度でそんなおしゃべりが可能なのか?
 などなど。
さらに2006年にエベレストで死にかけた事で世界的に知られたリンカーン・ホール氏がコメントし、隊員の呼気については天候次第でありうるとしながら、聖火登山隊が成功したか確信は持てないと回答。
 そして記事の最後、ある人物の説として、失敗時の「保険」として2007年に既に聖火登頂場面は密かに撮影されていた、という話を紹介しています。

 UFOとか芸能人のゴシップとか、根拠も根も葉も無い情報をバラまく日本のメディアも、絶対この話題にゃ触れないでしょうな。
9.11はアメリカの自作自演だと盛んにおっしゃってる左翼あいや、平和人権活動団体の皆さん、人権抑圧国家の中国が嘘ついてるらしいですよ~こういう情報には飛びつかないんですか?いつもみたいに(笑)
 もうここまでくると「カプリコン1」の世界ですな。

 ところで私の見解ですが、
 聖火登山隊が嘘だろうが事実だろうが、
 5fa4400599b124c2d7b8b6fba48ec47fどーでもいーですよー

 え?
 登山史の記録という点から疑いははっきりさせなくてはならないって?
 チョモランマ北稜なんて「歩いて」登れる「簡単な」コースなんしょ?
 そんな簡単なルートで中国が何お遊びしようがどうでもいいっしょ?
 ですよね、登ってもいないのに能書き語れる想像豊かなアルパインクライマーの皆さん?
  
 冷静に振り返ってみて、登頂に疑問を持つ意見はせいぜいブログ記事どまりで正々堂々記事として載っけたメディアは見あたらないし、今後もまず出ないでしょうね。
 日中友好登山とやらで中国登山関係者にモノ申すなんてできない爺さんが日本の登山界には沢山おられますし、日本のバカマスゴミは北京五輪で浮かれてますし。
 登頂を否定する意見も推測の域を出ていないし、私自身最初から中国メディアの聖火登山隊の記録映像を確認していないので、ゴシップ記事程度の紹介しかできないわけですが、あらためて私の意見を書きます。
 聖火登山が嘘か真か、どうでもいいこってすな。それが私の意見です。
 なぜなら、聖火登山は「農薬入りギョーザは日本国内で農薬入れられた」と平気で嘘を吐く国家の プ ロ パ ガ ン ダ であって、トモ・チェセンのローツェやマエストリのセロ・トーレなどのアルピニズムとは次元の違う世界のお話であるから。
 プロパガンダに嘘か真実か、質す必要はありません。
 毎日届けられる新聞のチラシ同様、忘れ去られるのがオチでしょう。

|

« メスナー爺さん、K2遭難にコメント | トップページ | 山形の朝と夕べ »

expedition」カテゴリの記事

コメント

以前この件を投稿したかどうか忘れましたが、UIAA(国際山岳連盟)のマイク・モーティマー会長から、「昨年秋に松本で開催された総会のとき、中国登山協会の連中からチョモランマ聖火登頂のビデオ録画について相談された」ことを教えてもらいました。マイクと私は縁あって15年来の親友なのですが、「チョモランマ聖火リレー登山に対し、UIAAとしての立場を表明すべきでは」と助言した際、このことを打ち明けられたものです。「相談された」=「実際にビデオ撮影した」とはなりませんが、一つの興味深いエピソードとしてご認識いただければと思います。

投稿: くま次郎 | 2008.08.07 08:44

re:くま次郎様
 毎回貴重な内輪話ありがとうございます。
 いずれにせよ、中国側の不必要な秘密主義と事大主義が不必要な疑惑を生んでいるわけで、登山のフィールドとして素晴らしい可能性を秘めているだけに、CMAはじめ管理する側もマシになってくれと願うばかりです。

投稿: 聖母峰 | 2008.08.07 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界のマスゴミが絶対取り上げないチョモランマの話題。:

« メスナー爺さん、K2遭難にコメント | トップページ | 山形の朝と夕べ »