« 【告知】 第6回北日本海外登山研究会 | トップページ | 「うつ」からの社会復帰ガイド »

秋深し。

Spas_101109雨風びーぶーな月山へ。

ウエツキブナハムシの大量発生でブナの葉が落ちまくったため、地元ローカル紙の山形新聞が「紅葉への影響が心配」などとネガティブ報道してましたが、ナナカマド、カエデ類の紅葉は見事です。山上は地を這うチングルマの葉が、地面を深紅に染めています。
 例年、多くの問い合わせが寄せられるのですが、紅葉が「綺麗」かどうかは、あくまでも人間の主観の問題で、植物自身にとっては綺麗かどうかは、
 「あっしには関わりねえことでござんす」by木枯らし紋次郎
な、わけでござんす。
 いえ、問い合わせいただくことは大変有り難いことなのですが、紅葉の状況がいかほどでも、美しい光景を「見出すこと」も、山に出かける楽しみの一つではないでしょうか。

Pa0_0260
などと能書き垂れながら、筆者は深紅の紅葉よりも、カエデのふんわりとした橙色が好みです。

雨風に曝されながら木道を歩いていると、寿命を迎えたらしいバッタの死骸が幾つも横たわっていました。
山の上は晩秋というよりも、「冬の気配」がひしひしと感じられる今日の月山です。

|

« 【告知】 第6回北日本海外登山研究会 | トップページ | 「うつ」からの社会復帰ガイド »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/42755373

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深し。:

« 【告知】 第6回北日本海外登山研究会 | トップページ | 「うつ」からの社会復帰ガイド »