« ひょう(スベリヒユ) | トップページ | ユイチュ峰雪崩の動画 »

平和あっての登山です。(労山のおっさん風)

モスクワに新規岩場開拓!
25m、VI+、А2!
E・クズネトバ、A・ヤコベンコ、A・クズネトフ、A・ユーリキンの4名が登攀しました!
これが岩場の全貌だっ!






26829_2れーにん像のドタマ。

268362こんな感じで・・・

268341_2あー、レーニンの禿頭にしっかりボルト打っちゃってる~

26827核心部はどスラブな背中ですか?

いやいや、昔だったら銃殺もんだよな~
掲載されている某クライミングサイトの掲示板を覗くと、もともとこのクライミングは登攀メンバーであるクズネトバ女史の誕生祝いに登ったものらしいので、書き込みも祝福の嵐(笑)

人物像登るんだったら、ぜひクライマーと称する皆様方には兵士の銃口をも気にせずこちらの人物像も登って頂きたいものですな。↓

D0089108_12334667 平 壌 市 内 の 金 日 成 像 。

え?
命懸けだと誉められるのがアルピニズムなんしょ?

|

« ひょう(スベリヒユ) | トップページ | ユイチュ峰雪崩の動画 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

パネルが貼ってあるようですね。どうやって留めてあるのでしょう。

左足の裏側から腕を使って、コートの合わせで突っ張って登り、襟元から左耳などを考えてみましたがどうでしょう。結構様々なルートが取れそうです。気になるのは像が倒れてしまわないかです。

金日成像は胴みたいで駄目ですね。

投稿: pfaelzerwein | 2008.10.29 05:20

<<気になるのは像が倒れてしまわないかです。
どうもこういった『像』を登ろうという発想自体、西洋人独特のような気がします。
以前、チョモランマ英国隊の洋書で、中国の石像でボルダリングに興じているクライマーの写真を見て、東洋人には思い浮かばない行動だよなあというのが正直な感想でした。

金日成像はご指摘の通り、「銅像」でしたね。
この像がいつ倒れるか私は気になりますが(笑)

投稿: 聖母峰 | 2008.10.30 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/42933448

この記事へのトラックバック一覧です: 平和あっての登山です。(労山のおっさん風):

« ひょう(スベリヒユ) | トップページ | ユイチュ峰雪崩の動画 »