« 吸わない方も、ライターを。 | トップページ | 福岡県の皆様、こんにちわ »

棒鱈(ぼうだら)煮

Pa0_0301
山形の郷土料理、棒鱈(ぼうだら)煮
干物の、カチカチに硬い「棒鱈」を醤油味で煮た料理。
骨も柔らかく食べられます。
正月料理としても知られ、親戚挨拶回りではたいてい一度は口にするのだが、今年は無し。
親類の老いと共に、伝統料理が廃れていくのをナマで感じる。

画像は実家で入手した、西川町の出羽屋のパック詰めの棒鱈煮。

私の父は「今の棒鱈は・・・・昔の棒鱈煮はとても旨かった」と、言う。

だが私は知っている。
父の舌を満足させるような棒鱈煮は、もう父の記憶の中にしか無いということを。

先日書いた「くきな煮」と似た背景をもつ料理で、かつて食料事情・流通手段が今と比べものにならないくらい不便な時代、魚といえば干物が中心で、干物の鱈を用いた料理が特に食べられたのは必然でありました。

さて、棒鱈煮食べて、明日からしばらく山形を離れます。

|

« 吸わない方も、ライターを。 | トップページ | 福岡県の皆様、こんにちわ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/44008588

この記事へのトラックバック一覧です: 棒鱈(ぼうだら)煮:

« 吸わない方も、ライターを。 | トップページ | 福岡県の皆様、こんにちわ »