« きょうのはっけん。【おきうと】 | トップページ | 四阿屋(あずまや)の岩場 »

きょうのはっけん。【フカの湯引き】

昨年、出張で広島を訪れる度、広島の山間部の郷土料理「ワニ料理」(鮫料理)が食べたかったのですが、ついにその機会は訪れず。

今住んでいるトコのスーパー鮮魚コーナーで見つけました!

Pa0_0350 フカの湯引き。

デパート併設のスーパーなもんで、デパートの高級食材売り場では「福岡県産フカの湯引き」、隣のスーパーには「ニュージーランド産フカの湯引き」が売ってました。
貧乏人の私はもちろん200円安いNZ産フカ購入。

山形の隣の宮城県気仙沼などは日本でも有数のサメ水揚げ量を誇るはずなのですが、山形ではサメなんてスーパーで見たことありません。
サメは体内に含まれる尿素が原因で発生するアンモニアによって腐敗しにくいため、中国地方の山間部で食されるというのは知られた話ですが、先人の知恵ともいえるサメ料理(サメ肉)を一度食べてみたかったのでした。

添付の酢味噌で食べてみました。
ま、味はごくふつうの白身魚、食感は「ゴム」そのものでした。ははは。

|

« きょうのはっけん。【おきうと】 | トップページ | 四阿屋(あずまや)の岩場 »

日常」カテゴリの記事

コメント

>食感は「ゴム」そのものでした。ははは。
その通りです。ははは。
他には「おきゅうと、といも」の記事
私は40年ぶりに福岡に戻ったようで懐かしい記事でした。
やっぱり文章がうまいね。楽しめました。ありがとう。

投稿: きじばと | 2009.03.05 16:11

re:きじばと様
 稚拙な文章のブログですが楽しんでいただければ本当に幸いです。
 またお気づきの九州事情などございましたらご教示ください。

投稿: 聖母峰 | 2009.03.07 03:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/44215089

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのはっけん。【フカの湯引き】:

« きょうのはっけん。【おきうと】 | トップページ | 四阿屋(あずまや)の岩場 »