« GWは。 | トップページ | 雨呼山(あまよばりやま) »

冬と春の狭間に

月山のガイドを名乗りながら、超久々の月山行き。

Pa0_0475 雪を被ったベンチが、山形県自然博物園の開館を待っています。

Pa0_0485 今年は統計上では大雪を記録しているのですが、やはり雪は少ないのです。自然観察道の夏道が現れていました。

Pa0_0477 ガイドでは毎回ネタにするヤドリギですが、そのヤドリギの花を意識して見たのは初めてだったりします。小さい小さい控えめな花でした。

Pa0_0476 冬を越したキクラゲ。暖かい春にはもっと成長してますかな(筆者は中華好き)

Pa0_0482 本日の行動食は、北九州は八幡地区の和菓子の老舗、鶴屋の「即席しるこ」でございます。鶴の形をしたモナカに即席汁粉が入っているのです。

Pa0_0481 ・・・モナカに即席汁粉を入れたアイデアはいいのですが、モナカのでんぷん臭がきつくて、あまり美味しくない。

Pa0_0479 とはいえ、おしるこパワー(?)で見つけました、何かの卵。形状からして、毛虫芋虫の類と思われますが。月山山麓ではもうふきのとうは伸びきり、春の盛りなのに、山上ではまだじっと春を待つ生き物がいるのであります。

Pa0_0480 うねうねとうねりまくったミズナラの樹形。ウルトラQのオープニングですな(古い)

Pa0_0490 毎年楽しみにしているザゼンソウ、いつもの場所に咲いてました。人目につく場所なのですが、みんな車で走り去ってしまう場所なのです。

さて、ブナ林を擁する山形県自然博物園は5月1日にオープンします。
 山スキーや春山登山で月山を訪れた方も、ぜひブナ林でゆっくりしてけらっしゃい。

|

« GWは。 | トップページ | 雨呼山(あまよばりやま) »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

 GW入口、北アルプスからは遭難死のニュースが連続。どちらもベテランですのに凍死らしいとのことで、この季節の天候は油断ならないと改めて肝に銘じている“かもめ”です。鳴沢岳も鹿島槍も、夏なら気軽に歩けるコースで、「えっ、あそこで?」と。
 当方、陸サーファーならぬ、平地の山屋、積雪期は山靴磨きにいそしんでおります。
ヤドリギの花はどこかコウホネに似てるかな。最中の皮が粉臭いのは焼きが足りないのかもしれません。
 先週は大山(丹沢の隣)を歩いてきました。咲き残りの桜やスミレが春の名残り。芽吹き始めた木々が新鮮で美味しそうでしたよ。(^^)/ 

投稿: かもめ | 2009.04.29 10:01

re:かもめ様
 コウホネは月山某所でも見られるんですけど、まだ見てないんです~うーむ。

<<最中の皮が粉臭いのは焼きが足りないのかもしれません。
なるほどそうですね。中に汁粉の具を入れてから焼いてるはずですからね・・・

 今春の丹沢はいかがだったでしょうか。今度行く機会があれば花はもちろん、いろいろ売ってる売店でのんびりしたいです。

投稿: 聖母峰 | 2009.05.02 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/44826888

この記事へのトラックバック一覧です: 冬と春の狭間に:

« GWは。 | トップページ | 雨呼山(あまよばりやま) »