« 晴天、休日出勤。 | トップページ | 原真氏を悼む »

やっぱ、ティム・オニールでしょ。

ロシアの某クライミングサイト見てたら、どっかで見たことある顔が・・・
あのティム・オニールがぁぁ!!!
コロラド・ボルダーのモンテッソーリ学校で「first ascents」を子供たちに講義していますぅぅぅ!!!

モンテッソーリ教育って、こんなにくだけてたっけ(笑)

内容は60年代~90年代までのクライミング史を子供(幼児)にわれらがアホのティム・オニール様がわかりやすーく、わかりやすーく、わ・か・り・や・す・く説明しているのだが、80年代の説明では、やっぱり・・・・

フリークライマーの タ イ ツ 姿 が槍玉にあがってますな(爆)
はい、そこのヒマなクライマーのあなた、ぜひ上記動画をごらん下され。

|

« 晴天、休日出勤。 | トップページ | 原真氏を悼む »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!イギリスの岩の山?岩の竹の子?の『ホイの老人』を調べていましたらここに到達しました。
現在腕立て伏せは3回が限界ですが、小学生のころ(30年以上前ですが・・・)鉄塔や半鐘櫓をみると登りたくなるような子でした。ホイの老人も登ったら気持ちいいだろうなとずーと思ってました。まだ、ホイの老人はあるのですか?元々2つあって1つは崩れてなくなっていたそうですが、40年以上前の情報ですが、突然おじゃましたのにまことにすみませんでした!

投稿: 葛飾のおっちゃん | 2009.04.08 00:57

re:葛飾のおっちゃん様
 こんにちわ
 私も「ホイの老人」には興味津々なのです!
 イギリスの山岳ガイドのウェブサイトをのぞくと、多くのガイドが「ホイの老人」をガイドコースに取り入れてます。
 まだ「ホイの老人」はありますよ!
 あの姿はやっぱり登りたくなりますよね。
 「old man of hoy」で検索すると、多くのクライミングサイトが閲覧できます。

よろしければ、どうぞまた当ブログにお越しください。

投稿: 聖母峰 | 2009.04.08 07:12

こんにちわ!数十年にわたり心にあったもやもやが晴れました!早速、検索してみます。ありがとうございました。また遊びに来ます!

投稿: 葛飾のおっちゃん | 2009.04.08 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/44587270

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、ティム・オニールでしょ。:

« 晴天、休日出勤。 | トップページ | 原真氏を悼む »