« 韓国人が感じた冬富士 ゴー・ミスンの冬富士レポート | トップページ | 富士山と台湾・玉山の「姉妹山」締結を支持する »

立花隆に感心している、迷える子羊さんへ。

今期のGWは所詮(山の)遠出もできないし、ということで幾つか読書。
Kcwgavu9しかしまあ、ネット・ブログ上などで評判の本ではあるが、膨大な蔵書を抱えてビルを建てたとか、秘書募集とか、早い話が常人とはかけ離れた自慢話タラタラ読んでいて皆さん面白いですか?

ただし、取材に至るまでの心掛けや準備段階は、社会人としてはためになるものでした。
よく拝見している山岳ライター女史の取材前のご苦労も伺えますな。まあ提灯記事書いてる三流アウトドアライター諸氏には関係のない話題ですが。ははは。

 しかし早熟早熟って対談中で立花は褒め称えられてるけど、小学生の頃に難解な外国文学読むのがそんなにすばらしいことですかね?
 こういうのもなんですが、私も小学生の頃に伏せ字だらけの『チャタレイ夫人の恋人』読んでましたが、そのなれの果てがスケベ親爺の私であって、それ以上得る物は何もないような気がしますけど。
 読書って、それなりの人生経験を経た歳と、その本の内容がマッチしたときに初めて『読書』として消化・吸収できるものだと思います。
 常人とはかけ離れた人間の読書論って、得る物も多いけど一歩距離を置いて読んだ方が無難ですな。私はあくまでも公立図書館を愛用する一般庶民、それで十分です。

00596513立花隆の自慢話を読んだ後は、久々に岩波文庫にかじりつく。ジョンストンの『紫禁城の黄昏』に突入~
 邦訳にはかなり問題点が指摘されている岩波版ですが、まあ批判する前に対象をじっくり知っておかなくてはね。

|

« 韓国人が感じた冬富士 ゴー・ミスンの冬富士レポート | トップページ | 富士山と台湾・玉山の「姉妹山」締結を支持する »

山岳ガイドが読む本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/44912572

この記事へのトラックバック一覧です: 立花隆に感心している、迷える子羊さんへ。:

« 韓国人が感じた冬富士 ゴー・ミスンの冬富士レポート | トップページ | 富士山と台湾・玉山の「姉妹山」締結を支持する »