« 地域方言としての英語 | トップページ | 今、そこにある危機 »

強運。

竹内君の大切なパートナー、ガリンダ・カールセンブラウナーの乗っていたジープがぁぁぁ!

Mountaineer almost dies in jeep accident  by Austriantimes6/19

以下記事引用開始
--------------------------------------------------
15gerlinde_kaltenbrunner 登山家は交通事故であやうく死ぬところでした。オーストリアの登山家ガリンダ・カールセンブラウナーは先週の月曜、パキスタンで交通事故の犠牲者になりかけました。

 K2遠征のキャラバン途上、スカルドからアスコーレまでの道のりで落石が道をふさいでおり、停車を余儀なくされました。

 カールセンブラウナーをのぞいて全員がジープから降りました。
 後輪の1つが落石で邪魔され、後方に回転するのを防いでいました。彼女は車の写真を取るため最後にジープを降りた直後、ジープが突然後方に走り出し、15m転落しました。

 ジープの残骸を見た彼女は「ぞっとして膝が震えました。」と語りました。

 カールセンブラウナーは別のジープのヒッチハイクし、彼女達は最終的にアスコーレに到着しました。 昨日(木曜日)にパイユ(3,400m)に到着、そこからポーターと共にキャラバンを開始、高度順応後にベースキャンプに向かう予定です。
 (後略)
--------------------------------------------------
以上記事引用終わり

と、いうわけで、K2遠征のキャラバン途上、乗っていた車から降りた直後、その車が後ろにでんぐりかえったとゆーニュースでございました。

某著名登山家が語った「(高所)登山は、運だよ」という私の嫌いな言葉がありますが、まさにそれを彷彿とさせるニュースですな。
ガリンダ達のK2登頂と無事下山をお祈り致します。

|

« 地域方言としての英語 | トップページ | 今、そこにある危機 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/45393008

この記事へのトラックバック一覧です: 強運。:

« 地域方言としての英語 | トップページ | 今、そこにある危機 »