« 登山用品店スクラム&山岳誌『ゆうゆう』 | トップページ | 韓国の学生隊、コングール峰に立つ »

陶ヶ岳(すえがたけ)

日曜日。
今春の佐賀県鳥栖市の岩場「四阿屋(あずまや)」訪問に続き、ライトフットワーク枝村氏の講習会にお世話になり、山口県を代表する岩場、陶ヶ岳へ。

Pa0_0732
標高250mにもかかわらず堂々とした岩山の陶ヶ岳。
陶ヶ岳は幾つかのピークが連なる連山で、画像は本日登る岩場のある亀山。

Pa0_0731
午前中はス・ラ・ブheart01
韓国のグォンギョル登山学校卒業生の血が燃えるぜ!

といいつつ、あいかわらずの
J_3
腕力にモノを言わせたクライミングでございます。

Pa0_0730
午後からはクラック。

腕力にモノを言わせたクライミングでは、
Au
しっかりと痛い目に遭うのでございます。

陶ヶ岳、うしろを振り返れば瀬戸内海でロケーションは抜群。
嗚呼、あの海のように私のクライミングは日暮れて道遠し。

ま、そこは腐っても山形県自然博物園のブナ林ガイド。訪れた山の植生が気になります。
Pa0_0725
クライミングを終え下山中、夕映えの陶ヶ岳連山の岩場を望む。シダが生い茂っているのは西日本の山らしいですね。

Pa0_0722
駐車場近くの登山道には沢山のアケビの実。
けれども誰も見向きもしない・・・皆さんクライマーですなあ。

フェイス、スラブ、クラックと多様な岩場、初心者向けグレードのルートが揃った好岩場でした。
ライトフットワーク枝村氏はじめ講習生の皆様、良い時間を過ごせてありがとうございました。

|

« 登山用品店スクラム&山岳誌『ゆうゆう』 | トップページ | 韓国の学生隊、コングール峰に立つ »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/46202650

この記事へのトラックバック一覧です: 陶ヶ岳(すえがたけ):

« 登山用品店スクラム&山岳誌『ゆうゆう』 | トップページ | 韓国の学生隊、コングール峰に立つ »