« 三瓶山(さんべさん) | トップページ | 柿千の柿の葉すし »

地獄に堕ちるべきは小沢一郎というバカ

ここのところ政治ネタは封印してましたが、久々に超ウルトラスーパー不愉快話題。

「成仏するのは仏教だけ」小沢幹事長、改めて文明観披露 by 朝日新聞11/17

以下記事引用開始
-----------------------------------------------
これを受けて小沢氏は16日、「(仏教の世界観では)生きながら仏にもなれるし、死ねば皆、仏様。ほかの宗教で、みんな神様になれるところがあるか。根本的な宗教哲学と人生観の違いを述べた」と説明。さらに、エベレストに挑んだ登山家の「そこに山があるから」という発言を引用し「西洋文明は自然も人間のために存在する考え方。(エベレストの)地元では霊峰としてあがめられて、征服しようという考え方はアジア人にはほとんどない」と語り、西洋思想は人間中心だが、東洋思想は人間が自然の一部だと強調。最後は「僕も君も、死にゃ仏になれるんだ、だから」と締めくくった。
-----------------------------------------------
以上記事引用おわり

クルクルパーの小沢はマロリーが言った(といわれる)『Because, It"s there』を引用したようですが、この言葉が「新聞記者に対しててきとーに答えたらしい」とか「エベレストが処女峰であったからこその言葉」なんて背景はまったく頭にないでしょうね。

たぶんアホの小沢が語る「西洋文明」「西洋思想」の定義はそのままキリスト教文明をさしているんでしょうが、キリスト教以前からヨーロッパに根付いたケルト文化の素晴らしい自然観はご存じないようです。
西洋イコール自然征服という単純な考え方は結構多くの方が持っているようですし、東西文明の自然観を語る上でよく用いられるロジックでありますが、John Muir のような存在を挙げるまでもなく、それが相当に乱暴・単純な思想であることは明白です。

自分の偏った宗教観を語るにおいてジョージ・マロリーの言葉を引用されるのは、山やっている人間として非常に不愉快ですね。
あそうそう、計画経済とやらでバリバリ大自然を破壊・・・もとい開拓していった旧ソ連や中国政府を崇めたてまつるアカの労山幹部の皆さん、なんでもかんでも政府批判で悦に入っている一部登山愛好者の皆様の感想をぜひお聞きしたいものです。

|

« 三瓶山(さんべさん) | トップページ | 柿千の柿の葉すし »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

民主党が仏教会支持を取りこもうとしたとするこのニュースを読んで感じたのは、高野山の住職はどのような態度を示したかということで、それが伝えられていないですよね。

この政治家が西洋近代批判とキリスト教批判を組み合わせて何を言いたかったのかは甚だ疑問ですが、先方の専門家である宗教家をさしおいて、まくし立ててもその程度の議論にしかならない訳です。こうした手法が田中派の政治手法なのかなと感じました。

投稿: pfaelzerwein | 2009.11.17 15:15

re: pfaelzerwein様

コメントありがとうございます。
実はひどい二日酔いのまま書いたものでして、私の文も小沢幹事長の言動なみに支離滅裂なのですが、コメントいただき恐縮です。

 小沢幹事長のキリスト教批判については、日本の新聞各紙では2面・政治欄や社会面の片隅のベタ記事扱いで報道されている程度です。前掲の朝日新聞の記事では小沢幹事長がさも冷静に語ったように報道されていますが、幾つかのメディアでは記者の質問に「逆ギレ」して語ったとも報道されています。
 いずれにせよ、pfaelzerwein様ご指摘のとおり何を言いたいのか全く不明なのですが。

 私としては、老練な(優秀な、ではありません)政治家であるはずの小沢幹事長が、「仏教界の支持」という目の前の餌のために、問題視されるのは明白な特定宗教の批判を何故公言するのか?が不思議でなりません。

投稿: 聖母峰 | 2009.11.17 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/46784995

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄に堕ちるべきは小沢一郎というバカ:

« 三瓶山(さんべさん) | トップページ | 柿千の柿の葉すし »