« ステフ・デイビスお姉様が大損こきました | トップページ | 雲海の山 »

UIAAのマイク・モーティマー会長、モスクワ訪問

UIAAのマイク・モーティマー会長がモスクワを訪問。
クライミング競技の将来について、幾つか重要な協議が行われた模様。

UIAA поддерживает инициативу России по развитию спортивного альпинизма. by Alpfederation.ru 11/5

まず注目すべきは記事中に掲載された、下記の画像。
Mike_mortimer_2_2
左はロシアのクライマー、パベル・シャバリン、右がUIAA会長マイク・モーティマー氏。
パベル・シャバリン氏については、ブログ『雪山大好きっ娘。』さんが貴重な記事を記述されています。

アルパインクライミング イン ロシア
ロシアのアルピニズム(Wordファイル、文・中川裕氏)いずれもブログ『雪山大好きっ娘。』さんより引用

 画像のグラフの横軸には2010~2014という西暦、そして右肩上がりの横軸の頂点には「Sochi」という文字が読み取れます。
 2014年に予定されているソチ・オリンピックにおいて、アイスクライミングの公開競技開催が検討されている模様です。
 さらに、ヨーロッパではアイスクライミングの欧州ユース選手権(年齢層14~16歳)が2010年に計画されているとのこと。
 これらアイスクライミング競技の発展に関して、ロシアがイニシアチブをとるべく、ロシアの山岳関係者がUIAAはじめ各方面に働きかけている様子です。その一端が、今回のマイク・モーティマー氏のモスクワ訪問といえるでしょう。

 ま、これらの情報は日山協あたりの関係者はもう知ってる事実なんだろうけどさ。
 かつて「岩登り競技会」を世界で最初にリードしたロシアが、アイスクライミングコンペでも台頭するんでしょうか。歴史は繰り返されるってが?

|

« ステフ・デイビスお姉様が大損こきました | トップページ | 雲海の山 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

元カナダ山岳会会長で現UIAA会長のマイク・モーティマーは僕の15年来の親友です。日本滞在の際は社宅の我が家の狭いリビングに布団を敷いて泊まってくれる仲です。彼は心臓に持病を抱えていながらいつも精力的に世界を飛び回りハードワークをこなしています。登山家としては無名で大きな実績はありませんが、その素晴らしい人格とリーダーシップで誰からも愛され、好かれるナイスガイです。ここ2年ほどメール連絡以外はご無沙汰していたので、久しぶりに写真で近況を見れて嬉しくなりました。どうもありがとうございます。

投稿: くま太郎 | 2009.11.06 08:35

re:くま太郎様
 貴重なコメントありがとうございます。
 クライミング競技に関してはUIAA内部でも賛否様々な議論が各国間で交わされていると聞いているのですが、日本では未だ一般的とはいえないアイスコンペに関してヨーロッパでユース大会が開催されること、競技発展に関して主体的な役割を果たそうとする団体(国家)が存在することに驚きを覚え、記事にしてみた次第です。

マイク・モーティマー氏を知る、くま太郎様よりコメントをいただき心強い限りです。
 五輪とクライミング競技との先行き不透明な関わりは今に始まったことではありませんが、良い方向に収束させていくには、氏のような存在が必要不可欠なのでしょうね。

投稿: 聖母峰 | 2009.11.06 22:32

もしマイク会長がアイスクライミング競技の五輪正式種目化に積極的であれば、当然来年2月開催の地元バンクーバー冬季五輪で、公開競技として実施したでしょうね。カナダこそアイスクライミングの本場ですし。UIAA内部でのクライミング組織の位置づけなど、課題山積だと聞いています。

ところで私は東根市のT村S司さんとも88年のエベレスト遠征以来、親しくお付き合いさせていただいております。先日も山形で開催する雪崩勉強会のご案内をいただきました。ご親交があればよろしくお伝えください。

投稿: くま太郎 | 2009.11.07 11:46

T氏には日頃よりお世話になっております。
くま太郎様からよろしくとの事、次回会う機会に伝えておきます。

投稿: 聖母峰 | 2009.11.08 22:07

かめresですみません
偶然この記事拝見しました。
私もモティマー氏とはUIAAの会議で年2回ほど会いますがすばらしい人です。
アイスクライミングがオリンピック種目化すると良いですが、道は遠いですね。残念ながら。
何しろ選手人口がワールドカップ登録で約100名と少なすぎますし競技としての歴史も短いですから。ロシアと数カ国のヨーロッパの国でそれに日本韓国で競技が行われている程度です。
でも目標は高く掲げて、オリンピック目指しています。 山岳系スポーツならたぶんクライミングか山岳スキー競技の方がオリンピックへ化は早いでしょう。

投稿: tom | 2009.12.21 17:24

re:TOM様
 コメントありがとうございます。
 モティマー氏を知る方から、またクライミング競技化の実情を知る方からご教示いただきありがたく存じます。

<<でも目標は高く掲げて、オリンピック目指しています。山岳系スポーツならたぶんクライミングか山岳スキー競技の方がオリンピックへ化は早いでしょう。

 TOM様が山岳スキー競技を挙げられておられるのは正直驚きました。やはり既存のスキー競技が確立されているからでしょうか。
 私個人の思いとしては、山岳スキー競技は他種目から選手の流入が予想されるため(中国ではバイアスロンの選手が山岳スキー競技に転向・トレーニングを受けていると聞きます。)、クライミング系の競技が種目になれば・・・と思っています。今は昔のバルセロナ五輪でクライミングが公開競技になった時には期待するものがありましたが。

 当ブログはおちゃらけ中心のブログではありますが、また貴重なご意見いただければ幸いです。

投稿: 聖母峰 | 2009.12.22 07:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/46684362

この記事へのトラックバック一覧です: UIAAのマイク・モーティマー会長、モスクワ訪問:

« ステフ・デイビスお姉様が大損こきました | トップページ | 雲海の山 »