« 奇跡 | トップページ | メンテナンス »

池田昭二著『忘れがたい山』

0372

池田昭二著『忘れがたい山』を読む。
郷土出版物として、素晴らしい良書を送り出している無明舎出版の本。
池田昭二氏は鳥海山を中心に活動された先達であり、終戦直後、昭和30年代の冬の鳥海・飯豊を中心とした記録集である。

この本については山形県在住の登山愛好者の皆様方もブログやネットで取り上げておられますので詳細は省きますが、印象に残るのは「食」への執着である。
終戦後、そして特に貧しい東北地方という事情も背景にあるのでしょうか、その社会環境下で登山を行うためには「食糧」が問題となる、現在とは全く異なった世界がそこにありました。

特に強烈に印象に残るのは、池田氏率いる山岳部が遭難騒ぎを起こしたエピソード。
麓では遭難対策本部が設置され、下山した池田氏が関係者の挨拶回りに赴くと、37000円の請求書を手にすることになる。
その内訳で、遭難救助員が全員でカツ丼を食べたという事が判明する。

当時のカツ丼は庶民が滅多に口にすることのない「御馳走」。

『かかる費用はすべて遭難者の負担。うまいものを食べるチャンスは今』(本文より)

池田氏の筆は、遭難記録を通じて当時の社会状況までありありと浮かび上がらせている。

そしてこの本の巻末には、池田氏がとりまとめた『雪洞とフォーストビバーク』という雪洞設営に関するノウハウが掲載されている。
この内容は以前、同じガイド団体でお世話になった八木文明ガイドからコピーを頂いたことがありました。
こうした先達の登山技術が出版物として記録されるのは非常に意義のあることだと思います。

|

« 奇跡 | トップページ | メンテナンス »

山岳ガイドが読む本」カテゴリの記事

コメント

またもや、ビックリ。 僕の高校山岳部時代の顧問先生であり山の恩師でもある通称イケショウ(池昭)のことも記載されているとは、嬉しい限りです。有難うございます。
この本に記載されている鳥海山中央火口壁縦走のアタック隊の部員の中に私もいました。 一介の山岳部顧問の先生が十代の子供達を引き連れての初縦走・・・凄いと思います。 
当時は一本締めの八本爪アイゼンしかありませんでした。 1966年3月30日の日の出時、七高山北面はブルーアイスで爪が刺さりません。 辛うじて氷面にかかっている感じでした。

県立酒田北高等学校山岳部OB 村岡(旧姓・雨森)由貴夫

投稿: 村岡由貴夫 | 2013.03.23 10:04

re:村岡様
 以前の記事までお読み下さり恐縮です。
 やはり山形で山やっていて池田氏の名前を知らないわけにはいかないと思います。

 東北、特に山形の方は口も重いが筆も重いというわけで(例外もいるようですが)、池田氏のように貴重な記録を本として公表してくださる、というのは私のような若輩者には大変ありがたい、と思っています。
 高校山岳部員の先鋭的な登山といえば谷川とか北アルプスとか「中央」での活躍ばかり登山史では取り上げられますが、このように積雪期の鳥海山というハードな登山も地方で展開されていたのだ、と認識を新にした一冊でした。

投稿: 聖母峰 | 2013.03.24 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/47083733

この記事へのトラックバック一覧です: 池田昭二著『忘れがたい山』:

« 奇跡 | トップページ | メンテナンス »