« 聞いてないよ~ Let's pound a rice cake | トップページ | 投資 »

那須へ

27日、那須連峰・茶臼岳の山頂でランチ。

Pa0_0876
峰の茶屋のベンチ・テーブルもエビの尻尾だらけでした。エビエビ。

下山後、那須塩原市立黒磯図書館へ。
山岳信仰に関する郷土資料があればと思って訪ねましたが、幸運にも那須山岳救助隊結成20年記念誌『山は生きている』を閲覧。

那須といえば、プロガイド木本哲氏の名著『氷雪テクニック』でも富士に並ぶ日本有数の強風地帯として紹介されていますが、具体的な数値に関して紹介している書籍は私の知る限りありません。
救助隊の記念誌『山は生きている』には、平成4年まで那須連峰で発生した遭難事例の場所、状況が記載されている。何より貴重なのは、巻末に那須ロープウェイ運営の東野交通株式会社が観測した冬季の気象データ(天候・気温・最大風速)が一覧表として掲載されていること。良い資料が得られました。

明日28日から那須塩原市立図書館は年末年始閉館になるため、今日を那須登山の日に決めていたのですが、冬型が緩んだのか、山の上は風も弱く穏やかな天気。
帰路は小野リサ聴きながらゆっくり山形に帰る。

|

« 聞いてないよ~ Let's pound a rice cake | トップページ | 投資 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

『山は生きている』、読みたくなりました。

山に行かれた際はいつも地元の図書館に伺うのですか?

投稿: えのきど。 | 2010.01.04 23:19

re:えのきど。様
 あけましておめでとうございます。
 いつもブログとツィッター拝読しております。

<<山に行かれた際はいつも地元の図書館に伺うのですか?

 山の帰りは温泉と甘い物喰って帰ることが多いです。(笑)
 本業の出張で余所の土地に長期滞在する際には、その土地の風土や習慣など、観光パンフに書かれている以外の事が知りたいので地元の公立図書館を訪れることが多いです。
 本当はえのきど。様のように、その土地の人々(クライマー)と知り合い、ナマの人付き合いが一番なのでは、とうらやましく思っております。

 今後もブログとツィッター楽しみにしております。
 本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: 聖母峰 | 2010.01.07 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/47136993

この記事へのトラックバック一覧です: 那須へ:

« 聞いてないよ~ Let's pound a rice cake | トップページ | 投資 »