« 餃子という名のザック | トップページ | No risk, No "slow"life. »

コロラドのクライミングジム、政策論争に巻き込まれる。

アメリカのFOX NEWSといえば、バリバリの保守派メディアとして知られていますが、共和党員の名物コメンティーターSean Hannityが、コロラド州ボルダーにあるクライミングジムに噛みついた模様。

Boulder gym disputes Sean Hannity's stimulus 'waste' comment by FOX 31 News KDVR 3/17

 

ことの発端は、このボルダーにあるクライミングジムのある体育館が、連邦政府の補助金を利用して6,000平方フィートのソーラーパネルを新設したのですが、この補助金15万7000ドルにSean Hannityが噛みついたものです。
Sean Hannityいわく、

『コロラドには実際に登れる岩山があるのに浪費ってもんだろう?』

この意見に対し、ジムを擁する体育館の管理者アン・ウォーリー・モールターは、ボルダーで50名の雇用を産み出し人々が運動できる場所を提供している、と反論しています。

この記事で最も注目されたいのは、実は記事そのものではなく、記事の下にある読者のコメント欄ですね。
クライミングジムは外岩と異なり、老若男女が天候に関係なくクライミングできる環境を提供している、という意見があれば、いや、補助金は国民の税金であり、登山者なら悪天を避けて登ることが出来る。やはり税金の無駄だ、という反論が書き込まれる。
 50名の雇用を産み出したという反論に対しては、ソーラーパネルを設置するイニシャルコストでもっと雇用を増やせるのではないか、という意見も書き込まれています。
 Sean Hannityおよびアン・ウォーリー・モールターのコメントに感想を述べる形をとりながら、実は民主党支持者、共和党支持者が激突しているという掲示板がなかなか興味深いです。

 先のバンクーバー五輪で場所と立場をわきまえないお子様スノーボーダーの服装に関して、産経新聞で「あれがアメリカであれば自分はこういう主義でこんな服装をしたと主張し、そこから議論に発展するだろう」と書いた記者がいましたが、今回のクライミングジムに関する記事・掲示板は、そのことを改めて彷彿とさせる記事ですね。

 日本なら・・・ああ、日共に牛耳られたどっかの山岳団体や、左翼偏向山岳ライターがおられますので、まあ政権批判・行政批判の一方通行で終わりそうですが。

|

« 餃子という名のザック | トップページ | No risk, No "slow"life. »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/47855596

この記事へのトラックバック一覧です: コロラドのクライミングジム、政策論争に巻き込まれる。:

« 餃子という名のザック | トップページ | No risk, No "slow"life. »